元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

浜田高校の門柱(浜田市黒川町)

1

浜田高校に古い門柱が残されています。

これは、旧制浜田高等女学校の校門だったものです。


2 

浜田高等女学校は明治33年創立、

明治35年に洋風新校舎へ移転(現浜田警察署敷地)しており、

この際、現在浜田高校に残る門柱も作られたものと思われます。

 

当該校舎は戦後浜田市立第二中学校となり、

昭和46年の中学校移転まで使われました。

校舎解体の際に、門柱は浜田高校、袖門柱(背の低いほう)は

原井町に移転した第二中の門として移築されています。


3 

上掲の絵葉書の拡大です。

門扉もなかなかおしゃれなデザインです。


4 

絵葉書と現状との比較です。完全に一致していますね。

 

左側の門柱も併せて浜田高校に移築されていましたが、

現在は根元から折れてしまい失われています。

 

5_20161119202236e89.jpg 

歴史的な門柱であり、浜田高等女学校関連のほぼ現存唯一の遺構ですが、

現地には説明版などはありません。

門柱のすぐ隣に歩兵第二十一連隊碑があり、哨舎が保存されているので、

浜田聯隊関連の門と誤解される恐れがあります。

 

ブログ主も絵葉書で気が付くまでは浜田連隊の遺構と思っていました。

できれば説明版などを設置していただけると、

浜田高女の記憶が後世に伝わっていくものと思います。

 

【参考文献】

創立九十周年記念 千鳥会誌 平成2年 千鳥会

 



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/11/19(土) 20:28:00|
  2. 島根県の近代建築・浜田市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<一畑電鉄の貨車ト60 | ホーム | 国道54号沿線に残る戦前の橋 【その11・船津橋】>>

コメント

初めまして。
歩兵第二十一連隊の物とされるサイトも多く、関連の門柱だと思ってましたが浜田高等女学校の門柱だったのですね。
私も営門ではないと思ったのですが、将校集会所だと思っていました。
拙ブログでも紹介していたのですが、早速訂正しました。どうもありがとうございました。
  1. 2016/11/20(日) 18:29:46 |
  2. URL |
  3. kan #-
  4. [ 編集 ]

コメントありがとうございます

kanさま
コメントをいただきどうもありがとうございます。
お役に立てて幸いです。

私もずっと浜田連隊関連の遺構だと思っていました。
案内などもありませんので間違えてしまいます。
紛らわしいですよね。。。

ちなみに、連隊時代の門柱の部材が保管されているようです。
http://blogs.yahoo.co.jp/shiminhasuyama/38833207.html
  1. 2016/11/23(水) 20:15:50 |
  2. URL |
  3. 元島根県民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/380-6c9f67e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)