元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧吉田小学校講堂(雲南市吉田町)その2

1
以前ご紹介した、旧吉田小学校講堂ですが、
建築当初の様子や学校の歴史などについて調べてみましたので、二回にわかってご紹介したいと思います。

旧吉田小学校講堂に関しては、松陽新報昭和12年12月21日付の記事にその詳細が記載されていますので、
必要な部分について抜粋してみます。

2
松陽新報(昭和12年12月21日付)

「飯石吉田小学校 移転新築落成式挙ぐ」
飯石郡𠮷田村小学校は近時学童の著しい増加にともない校舎の狭隘を生じ、
これが改築移転の議起り、挙村一致去る昭和10年6月整地に着手、
一般村民、在郷軍人会、青年学校生と青年団員等の労力奉仕にて同9月中旬完了、
つづいて昭和11年2月20日、総工費7万円余をもって嘉村和市氏請負建築に着し、
この程完成したので21日午前10時より盛大なる落成式を挙行するが・・・
(後略)

「誓ふ教育報告 吉田村小学校長 曾田為市氏談」
(前略)
現在の校舎は大正7年7月に新築落成当時に於いては郡内稀な完備したものであったが、
本村は築年学齢児童が著しく増加するので改築の必要が迫った
現校地は拡張の余地がないので遂に移転改築の議成り、昭和10年6月から敷地土工に着手
、熱誠溢れる全村民諸君と村内各種団体員各位の奉仕及び寄付金とによって同年末土工は竣工した。
校地は元耕地で
(中略)
本年5月校舎建築の起工ありここに落成式を挙げらるるに至った
校舎は木造二階建、其他講堂屋内体操場などこの新築費惣工費6万数千円を要し、
講堂、普通教室、事務室、応接室、器具図書室、衛生室あり。
特別教室としては手工室、理科室、家事室、作法室、屋内体操場備わり、
付属建物としては使丁室、物置、便所など完備し、
殊に講堂作法室は真に児童生徒の精神道場として最も相応しい立派なものである
(中略)
移転新築の議が起こるや教育に深き理解と同情とを有せらるる田部家よりは、
敷地の無償提供、建築費へ金二万五千円の巨額並びに
備品などの御寄贈ありしのみならず工事に対しても多大のご援助を仰ぎ・・・
(後略)


記事冒頭の要約と、その次の校長先生談話とで、
建築年などに食い違いが見られますがおおよそ以下の事実を読み取ることが出来ます。

・従来の校舎(大正7年7月竣工)が老朽化し、児童も増えて手狭になった
・改築に際しては田部家が新しい土地と建築費用(2万5千円)、備品を提供してくれた
・敷地の整地にあたっては村民、村内各種団体の奉仕活動があった
・建築費は7万円前後
・建築請負は嘉村和市
・2月or5月に着工、12月ごろ竣工

𠮷田村は山林王田部家のおひざ元ですから、田部家から相当の協力があったことが窺えます。

3
松陽新報(昭和12年12月21日付)

名刺広告のページを抜粋してみました。
田部長右衛門(22代)とその子息の田部朋之のお二人がトップを飾っています。
田部朋之は後の23代田部長右衛門となる人で、
戦後、3期にわたって島根県知事(昭和34年~昭和46年)を務めています。

田部家の下には「工事監督 落合伝四郎」、「請負業 嘉村和市」の名があります。
「落合伝四郎」は当時の新聞を確認すると、直江小学校(大正15年)、塩冶小学校(昭和3年)、
稗原小学校(昭和12年)、朝山小学校(昭和12年)などの工事監督に関わっていました。

「嘉村和市」は上津村(現出雲市)の人で、大正~昭和期の出雲地方の学校建築などにその名が見られます。
吉田小学校とほとんど同時期に、大社の大社高等家政女学校の校舎も手掛けています。
今ほど交通が便利ではなかった時代、
同時期に離れた工事現場を掛け持ちするのは大変だったのではないかと思います。

4
建築当初のものと思われる絵葉書です。
2階建ての校舎の両翼より左手に現存する講堂、右手に特別教室?が張り出している形です。

5
講堂部分を拡大してみました。
現在の姿と比較してみますと、建築当初とほとんど姿が変わらないことが分かります。




スポンサーサイト
  1. 2017/09/24(日) 13:30:24|
  2. 島根県の近代建築・出雲地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧吉田信用購買販売利用組合事務所(雲南市吉田町)

1
旧吉田村の中心である吉田の町はメインストリートのなだらかな坂の通りに沿って、
田部家の土蔵群をはじめとした歴史的な街並みが形成されており、
たたら製鉄でにぎわった近世・近代の面影を現在に伝えています。

2
今回ご紹介する「旧吉田信用購買販売利用組合事務所」は、
そんな歴史的な街並みの一角にあって洋風の意匠が町並みに彩をそえる素敵な近代建築です。

この建物は、昭和6年*に吉田村の産業組合の事務所として建てられたもので、
現在も旧吉田村地域の商工会館として利用されているようです。
「新版日本近代建築総覧」によれば、設計は秋鹿隆一郎とされています。

*建築年についての考察は後述

3
玄関周りの意匠。

4
木造二階建てで、当時の洋風建築としては標準的なサイズと見受けられますが、
一階部分の窓の高さがかなり低く抑えられており、
その分、一階窓と二階窓との間の飾り板が縦に長過ぎる感じがあり、
やや全体のバランスが悪いような気もしないでもありません。

5
飾り板の意匠などは、後年秋鹿隆一が設計した、有福小学校の校舎にも似たデザインです。

6
建物の裏側。

7
建物正面向かって左側には後年のものと思われる増築部分がありました。
二階窓は左右対称になっていますが、左端の窓下の飾り板部分は半分くらいで切られており、
何らかの改装が後年なされた可能性もあるかと思われます。


【建築年に関する考察】

建築年については、前述の「新版日本近代建築総覧」のリストでは昭和6年とされていますが、
その後、平成14年に島根県教育委員会から出された「島根の近代化遺産」によるリストでは、
「昭和7年頃」と記載されています。

旧𠮷田村については村誌が刊行されていないため、
近現代の吉田村の動きを体系的に追うことができません。

しかし、当該信用組合事務所については幸いなことに、
戦前に刊行された「島根県飯石郡𠮷田村誌資料第2輯」という資料に、
建設当時の状況に関する記述が残されていました。少し長いですが引用します。

島根県飯石郡𠮷田村誌資料第2輯(昭和11年版) 愛郷会編輯部編
77.無限責任吉田信用購買販売利用組合の沿革

昭和6年
・事務所狭隘なるを以て新築することに決し9月4日吉田町1576番地堀江稲行氏宅を仮事務所として移転す
・9月10日事務所新築地鎮祭を行う

昭和7年
・事務所新築略ぼ完成したるを以て請負者より仮受取をなし1月4日新事務所に移転す
・本館 間口8間奥行6間(二階建)建坪48坪
・倉庫 間口7間奥行2間半(平屋)建坪16坪5合
此惣工費 4600円也
工事請負者 吉田村職工会
・(4月21日)事務所新築落成祝賀会兼25周年記念式を開催す


いかがなものでしょうか、事務所がほぼ完成したので、昭和7年1月4日に新築事務所に移転したとあります。
なんと微妙な時期に完成したのでしょう。
これは「島根の近代化遺産」が建築年を「昭和7年頃」とした気持ちも何となくわかるような気がいたします。

1月4日に移転ということは、さすがに三が日に作業をしていたとは考えにくいですから、
昭和6年の暮れにはおおむね出来上がっていて、正月過ぎてから仕事始め?の4日に
移転しようということになったものなのではないでしょうか。

2
外装もきれいに保たれていて大切にされていることが分かります。
せっかくなのでカフェや町並み資料館のような形で観光客にも開放していただけると、
吉田の町歩きの魅力も増すのではないかと思います。

1
こういう風景を見ていると島根に行きたくなります。



【建物のプロフィール】
昔の建物名:旧吉田信用購買販売利用組合事務所
現在の建物名:吉田村商工会館
竣工:昭和6年
構造:木造2階建
設計者:秋鹿隆一
施工者:吉田村職工会

【参考文献】
島根県飯石郡𠮷田村誌資料第2輯 昭和11年 愛郷会編輯部編
新版日本近代建築総覧 昭和58年 日本建築学会
島根県の近代化遺産 平成14年 島根県教育委員会

  1. 2017/07/14(金) 23:29:37|
  2. 島根県の近代建築・出雲地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出雲横田駅(奥出雲町横田)

1_20170416230954711.jpg
出雲横田駅は木次線の要衝、駅舎は開業当初以来の木造駅舎です。

91120木次線1
昭和8年11月20日付山陰新聞

木次線の出雲三成~八川間は、昭和9年11月開業しました。
開業に伴い設置された駅は亀嵩、出雲横田、八川の三駅で、
いずれの駅舎も現在まで開業当初の姿を残しています。

91120木次線拡大1
新聞記事に掲載された開業区間の駅写真、上より、出雲横田駅、亀嵩駅、八川駅です。
すでに八川駅はご紹介していますが
亀嵩駅も玄関の位置が左右逆なだけで、八川駅とほぼ同じスタイルです。
これに対して出雲横田駅は社殿風で一段と立派な駅舎です。

2_201704162309559a6.jpg
注連縄が印象的な玄関、神話のふるさと奥出雲らしいたたずまいです。

3_20170416230957afd.jpg
「島根の近代化遺産」によれば、
建設にあたり、「神話の里、奥出雲にふさわしい駅舎を建設してほしい」という
地元の要望をくんで設計され、宮大工を呼び寄せて建てられたとのことです。

4_20170416230958b1e.jpg

5_20170416231000788.jpg
外壁木部は校倉造り風のしつらえになっています。

6_20170416231002449.jpg
ホーム側からの眺め。
駅舎隣のトイレも、駅舎のデザインに合わせてあります。

7_2017041623100390a.jpg
列車の本数の少ない木次線ですが、
駅舎の撮影中にトロッコ列車「奥出雲おろち号」が入線してきました。

8_20170416231005eb7.jpg
出雲横田駅周辺には、神話にまつわるスポットも数多く点在しています。
ぜひとも途中下車して駅を愛でつつ神話の里めぐりをしたいものです。

【撮影】
平成29年4月

【参考文献】
「島根の近代化遺産」  平成14年 島根県教育委員会

  1. 2017/04/16(日) 23:16:53|
  2. 島根県の近代建築・出雲地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海潮の歯科医院(雲南市大東町)

1
旧大東町の海潮でこんな素敵なお医者さんを見つけました。
古風な門柱に洋館、典型的な戦前のお医者様です。

2
完全な洋館ではなく、何となく和風のテイストも漂います。

3
アーチな玄関庇が楽しい感じです。

4
近くにはこのような建物も。駐在所でしょうか?

【撮影】
平成29年4月

  1. 2017/04/09(日) 13:55:32|
  2. 島根県の近代建築・出雲地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧加茂信用組合その2(雲南市加茂町)

1_20160529142657683.jpg
旧加茂町中心部に現存する旧加茂信用組合事務所について、
竣工当時の新聞を確認しましたので続編をお送りします。

2_20160529142700b0a.jpg
松陽新報(昭和5年11月8日付)

「加茂町信組事務所成る 雲南随一のモダン事務所」
加茂信用組合は去る大正15年4月優良組合として島根支会より表彰されたが、
爾来、組合員の自主的観念も漸次高まり、事業分量も頓に増加し、
事務所の狭隘を告げたので本年一月の総会にて新築を決議し、
駅前目貫の場所に敷地百坪を購入し四月起工し、
近世式木骨鉄網コンクリート造、県下稀に見るモダン事務所の新築中であったが、
この程竣工し本八日その落成式を挙ぐる事となった。
(中略)
新築事務所は
本館:幅員四間奥行六間八分、
高さパラペット上端まで二十七尺階段室二間二部四方。
倉庫:梁行二間五分桁行三間壱棟
便所物置:梁行一間二分、桁行六間二分一棟
工費:本館及階段室八千三百円、
付属舎八百二十円暖房照明三百五十円を要し、
工事は信用組合員である職工組合に請負はしめ
人夫材料も全部組合員の手によって充足し
所謂町産奨励による等不況対策として
資するところ頗る大なるものがあったと共に、
組合員も我等の組合事務所という熱愛の犠牲的信念に燃え、
一本の釘一塊のセメントにもこうした力が込められて
内容外観ともに完備した工事を進められ、
今や加茂中駅前を飾る一大偉観を呈するに至った。
(以下略)

「組合精神の表れ 組合長佐藤元造氏談」
菊花秀麗に薫り、
半歳にわたりましたわれらの組合事務所新築の工もここに竣えまして、
駅前にそそりたちレーテスト式(ブログ主注 最新式)の
雄々しい姿を前にして感慨無量にたえぬものがあります。
(中略)
事務所新築を計画し、本年一月の総会で満場一致の同意を得まして、
工を起こすことになったのであります。
工事請負者は組合員たる職工団体に指命しまして、
職工延人員千二百平人夫に至る迄全部組合員の手によりて、施工、
建築材料も大部分組合員の手により供給せられましたのは、
現時の不況対策にもあづかって力あるものと信じます、
尚又、我等の組合事務所と言う責任観念により一挺の鏝、
一振の鎚にも皆之れ組合敬愛の熱情がブチ込まれているので、
往々他に見る様な施工上の粗略などもなく、
この点は大に誇るに足るものと信じます。
建築様式は耐火を考慮し鉄筋コンクリート防火壁を設けまして
事務所自体の災害を予防すると共に、
連坦地の防火線たることを期しています。
本館は木骨鉄網コンクリート造りとし、
前面と側面の大部は石目タイル張と背面は黄龍石洗出塗、
内部はドロマイト仕上げとし、
事務室丈は吹抜き格天井応接室の階上は会議室とし、
ここは反音防止のため天井はエンソボードを使用し、
階段室によりて昇降しています。
屋根は耐重の関係上銅板張りにスパニッシュ瓦を棒引にし、
雨水はパラペット内側の谷より外部に排出の設備をなし、
尚、避雷針によりて万一の場合に備えています
将来のスピード時代を慮り振動のために生ずる壁体の亀裂に
従来此の種の建築物において多分に味っている欠陥に鑑みて
基礎工事と屋根には最も重要視いたしましたので
工費の約四割を充当したのであります
(以下略)


以上、長文となりましたが、新聞記事より、
建物の詳細に架かる部分を抜き出しました。

当時の新聞に、新築の記事は少なくありませんが、
ここまで詳細に建築の経緯、
建物のプロフィール等が詳しく掲載されているのは珍しいです。

建築の背景として、
町内の職工組合に工事を請け負わせた旨の記述があり、
事務所新築が不況下の対策の一環として活かされたことが窺えます。

建物は木骨鉄網コンクリート造りということが記されています。
鉄筋ではなく、木骨で鉄網コンクリート造りというのが珍しく感じます。
茨城県筑西市(旧下館市)に、同じく木骨鉄網コンクリート造りの
「一木歯科医院」が現存しています。
こちらは大正11年築で国の登録有形文化財になっています。

CIMG5532.jpg
「一木歯科医院」(T11年築 H28.5撮影)

筑西市のHPでは
「鉄網コンクリート仕上げは、金網を張りその上にコンクリートを厚く塗るもので、
この方法による建物は全国的にも少なく貴重なものです」
とあります。

そうなりますとこの旧加茂信用組合も、
木骨鉄網コンクリート造りの数少ない現存例として
貴重ということになりましょうか。


基礎工事についても興味深い記載があります。
「将来のスピード時代を慮り振動のために生ずる壁体の亀裂に
従来此の種の建築物において多分に味っている欠陥に鑑みて
基礎工事と屋根には最も重要視いたしましたので
工費の約四割を充当したのであります」

つまり、今後、自動車交通がより進歩することを予測して、
その振動からくる建物の損傷を防ぐために、
基礎工事に対して相当の配慮をしたということです。
「従来此の種の建築物において多分に味っている欠陥」
ということから、当時すでに、自動車などの振動によって、
建築物が損傷していたということもうかがえます。

3_20160529142700271.jpg
そのほか記事に記載されている建物の特徴をみてみます。
・前面と側面の大部は石目タイル張と背面は黄龍石洗出塗
→現在も正面ならびに側面にはタイルが残り、新聞の記述通りです。

・事務室丈は吹抜き格天井応接室の階上は会議室とし
→当初は事務所部分は吹抜けだったことが分かります。
 現状は不明ですが、店舗に改造した際に吹抜けはなくなっているかもしれません。

・階段室によりて昇降しています
→階段室は現在も確認できます。

・屋根は耐重の関係上銅板張りにスパニッシュ瓦を棒引にし
・雨水はパラペット内側の谷より外部に排出の設備をなし
→もともとは屋根を隠すまでのファサード丈があったようですが、
現在はファサード上部が削られています。

・避雷針によりて万一の場合に備えています
→それらしいものが屋根に確認できます。

4_201605291427016b2.jpg
当時の記事より、建物だけをトリミングしてみました。
前庭があり、いかにも「事務所」といった風情です。
玄関上部には事務所名が掲げられており、
ファサードの中央上部には、
組合のものでしょうか、紋章が飾られています。

5_20160529142703a54.jpg
現在の姿です。
店舗として使用されているので、
建物前面に増築がなされるなど、改造されています。

6_20160529142721fb6.jpg
竣工当時と現在の姿とを比べてみると、印象が全く異なります。
まず、玄関部分が前面に増築されている点が一番大きな改変箇所でが、
その他、ファサード上部が削られ、雨どいが露出していること、
縦横の飾り柱が削られていることなどがあげられます。
横方向帯状にタイルの色合いが異なるのは、
この部分の装飾を撤去した跡だったことがわかります。

7_2016052914272377a.jpg
最後にこの建物の設計者ですが、上記新聞記事の名刺広告より、
大社町の木須井溥文という人が携わったことがわかりました。

この、木須井溥文という方は、
大社町に住んでいた建築家のようですが詳細は不明です。

当時の新聞を確認しますと、
窪田村信用組合事務所(S4)
窪田小学校(S8)
荒木村産業組合事務所(S11)
などを手掛けていたことがわかりました。

上記の建築のうち、
荒木村産業組合事務所は鉄筋コンクリート造りであることから、
木造だけでなく、この加茂信用組合も含め、
それなりに専門的な技術を持っていたようにも見受けられます。

戦前期に島根県内で活躍した建築家に関しては、
まとまった資料がなさそうなので、今後研究が必要です。

  1. 2016/05/29(日) 14:39:26|
  2. 島根県の近代建築・出雲地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ