元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

国道54号線沿線に残る戦前の橋【その13・井羅原橋】

1
「国道54号沿線に残る戦前の橋」シリーズ、その13は井羅原橋です。

現在、井羅原橋の下流側に新井羅原橋が架かっておりますので、
古い橋が架かっているのをご覧になった方も多いのではないかと思います。

井羅原橋は中間橋脚を3つもつ、4径間のRC桁橋で、
橋の長さは、国道54号線沿線の戦前架橋の橋の中では、
おそらく、三刀屋橋に次ぐ長さと思われます。

地図昭和7
(昭和7年陸地測量部地図より)

前回の坂本橋と井羅原橋の位置を、古地図に示します。

府県道松江広島線は井羅原橋で三刀屋川を渡り、
渡りきったところで90度左に曲がって、
大きく西に蛇行する三刀屋川を山裾沿いにカーブしながら
鍋山村・三刀屋方面へ向かっていました。

地図現在
(国土地理院ウオッチ図より)

現在は新井羅原橋で三刀屋川を渡り、そのまま栗原トンネルにて
直線で鍋山地区へ到達します。

2
坂本橋方面から、鍋山・三刀屋方面を眺めた画像です。
渡りきると山にぶつかり、旧道は左に折れていきます。
橋を渡ってすぐにほぼ直角のカーブですから、
現役当時は相当の難所だったのではないでしょうか。

3
坂本橋側の親柱は、架橋当初のものと思われる親柱が残されています。
橋名板がはめ込まれた後は残っていますが、
橋名などの表記は残っていません。

4
高さは1メートル弱くらい、他の54号線の親柱と同等のサイズです。

3・5
袖柱も残されていました。
元々は鉄パイプなどの欄干でつながっていたものと思われます。

5
鍋山地区側からの橋の姿です。
こちら側の親柱は2基とも後年の設置と思われる、シンプルなコンクリートの角柱です。

7
鍋山側は、道路が直角に曲がるという線形の悪さから、
親柱に車が接触することが多く、破損してしまったのではないかと推察されます。

8
橋の中央より。橋の部分は草が生えてしまっています。

9
背の低い欄干。元々は鉄製の柵が嵌められていたものと思われます。

10
金属供出の際に無理やり柵をはがしてしまったのか、
かなりボロボロの状態です。


〈架橋のころの新聞記事〉
戦前の松陽新報より、井羅原橋に関する記事をいくつか見つけたのでご紹介します。

6830.jpg
昭和6年8月30日 松陽新報

「面目一新する県下の橋梁」
「災害復旧事業進捗す」

本明年度にわたる県の災害復旧土木工事は、
総工費百万円中本年度の支出額70万円をもって
本年一月以来これが工事に全力をあげ交通上支障のあるものはもとより
道路堤防など小工事はすでに殆ど竣工し
橋梁の改架修繕も56千円以上のもの二橋を残すほか全部契約済みで
(中略)
本年度に竣工する予定のものは行恒、里熊、神納、市尻、川戸、木次、井羅原、周布、水尻、浜田大橋などで
(後略)


ということで、昭和5年くらいに発生した水害に対する、
災害復旧の一環として井羅原橋が改架されたことがわかりました。
「国道54号線沿線に残る戦前の橋」シリーズ冒頭で、
『架橋年が昭和8年から9年にかけての間に集中しているのは、
結論から言えば、これらの橋の大部分が「省営自動車雲芸線」の
開業(昭和9年8月15日)に関連した道路改良工事の一環として
架橋されたものだからであります。』

と、述べていましたが、
井羅原橋に関してはその前提が崩れてしまいました。

余談ですが、記事中、「本年度に竣工する予定の」橋に、「水尻」が挙げられており、
これは、以前ご紹介した、都野津の水尻橋の可能性があります。

上記記事より3か月後には下記のような記事が松陽新報に出ています。
松陽昭和6年12月1日2
昭和6年12月1日 松陽新報

「雲南の三橋改架」
「三島木次土木管区所長の談」
目下改架工事中の里熊、井羅原、木次の三橋工事は最近漸く進行し
近く最新式モダン橋が竣成するがこれが工事について監督の任にある
三島木次土木管区所長は工事の概況につき左の如く語る

橋梁改設の真髄は強度と美観にある、
如何に節約時代とても基礎工だけは万全の策を講せざれば
砂上の楼閣で交通上危険千万である故に三橋改架の基礎工事は最も堅牢にして
経済有利に計画施工が必要なるも土地の地表に顕れる部分は容易に其の性質を
弁別し得るも地面下には如何なる地層の存在するかを知るのは
最も我々土木屋の苦しむところである。

井羅原橋
三刀屋川の上流に架設するので基礎地質は砂利層で粘土を含み且つ玉石交じりの
硬盤であるので架橋地点としては理想的である。
橋脚は楕円形の重力式玉石混凝土三基なるが水深三尺余の箇所を
地盤より七尺掘下げ基礎混凝土作業成るを以て
数回出水の為め囲堤を流失させられたると大いなる転石砂利層中に
包含せられ掘鑿の困難なことはお話にならないくらい至難であるが
幸に請負人の献身的努力により予定通り進捗中である
(後略)


県の責任者が、井羅原橋の改架に関して
地質・土木の観点から述べています。

松陽昭和6年12月1日3
建設中の井羅原橋の写真付きです。これは貴重ですね。

図1
川に沿って道路が走っていることから、
上記写真は、古地図黄色矢印方向から撮影したものと思われます。
写真の中には、川の中の建設中の橋脚、鍋山側の橋台、
そして仮設橋なのか、木造の橋らしきものが確認できます。

そして、さらに3か月後には、完成した井羅原橋の記事が
写真付きで松陽新報にでていました。
松陽昭和7年3月17日t
昭和7年3月17日付松陽新報

「雲南の新橋井羅原橋無事工を終る」
府県道松江広島線飯石郡鍋山村地内井羅原橋の改架工事は
昨年9月起工、木次土木管区監督の下に
請負者清水組によって工事中のところ(昭和7年3月)15日無事竣工した。
因みに同橋は長さ47米幅5米87糎にして総工費8,740円88銭を要し
鉄筋コンクリートの最新式堅牢優美なるものである。


井羅原橋は昭和7年3月15日に竣工したことが分かりました。
「島根県の近代化遺産」では、井羅原橋の完成年を昭和9年としていますが、
当時の新聞記事により、正しくは昭和7年だったことが明らかになったわけです。

11
現在、栗原トンネル側から井羅原橋への旧道は通行止めとなっており、
井羅原橋が「通行するための橋」としての意義は無くなってしまっています。
老朽化も進んでいるため、「予算さえつけば」、
早晩に撤去されてしまうのではないかとも思われます。

【橋の諸元】
橋名:井羅原橋
竣工:昭和7年3月
型式:RC桁橋
所在地:雲南市三刀屋町乙加宮
川:三刀屋川
道路:?



スポンサーサイト
  1. 2017/04/24(月) 01:06:30|
  2. 国道54号線の古い橋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国道54号沿線に残る戦前の橋【その12・坂本橋】

1_20170114160734574.jpg
坂本橋は正確には国道54号に架かる橋ではありません。
三刀屋町乙加宮で54号線から分かれて三刀屋町中野方面へ向かう、
県道51号線(出雲奥出雲線)の橋です。
が、54号線から10mも離れていないところにありますので、
本カテゴリにてご紹介するものであります。

画像で橋の向こう、軽自動車が走っているところが54号線、
右手の小屋は「坂本橋」バス停の待合室です。
坂本橋の停留所名は省営雲芸線時代にもその名があり、
相当歴史の古いバス停と言えましょう。

01_20170114160731800.jpg
(参謀本部S7「木次」より)

02_20170114160734775.jpg
(国土地理院ウオッチ図より)

新旧地図の対比と前回ご紹介した船津橋との位置関係を示します。

2_20170114160737f41.jpg
坂本橋の親柱です。
コンクリート成型されたと思われる、シンプルなデザインです。

3_2017011416073860d.jpg
54号線シリーズには珍しく、橋名板が新調されています。
現地で昭和11年竣工ということが分かりました。

4_20170114160758e6d.jpg
(昭和11年10月16日付松陽新報より)

当時の新聞に渡り初めの記事が出ていました。
写真は上流側から現在の国道54号方向を写したものと思われますが、
橋の上には大勢の人がおり、なかなか盛大な式典だったようです。
欄干には縦格子が入っていることが確認できるほか、
川面に目を転ずれば、旧橋のものと思われる、
3本の橋脚らしきものが写り込んでいるように見えます。

5_20170114160759faf.jpg
現在の欄干には横に2本鉄棒が入っています。
他の橋と同様、オリジナルの金目のものは戦時中に供出され、
戦後改めて復旧されたものと思われます。

6_20170114160804823.jpg
春の雨に濡れる坂本橋。
親柱と欄干はクリーム色に塗りなおされており、
反射板もあちこちに貼り付けられ、
現役の県道橋らしくしっかり整備されている様子です。

8_2017011416080351d.jpg
安定の桁橋です。
1本くらいRCアーチの橋などがあったら楽しいのですが、島根県内は桁橋ばかりです。

9_20170114160804c79.jpg
坂本橋バス停側からの画像。
当面は現役でいてくれそうな雰囲気の坂本橋でした。

【橋の諸元】
橋名:坂本橋
竣工:昭和11年10月
型式:RC桁橋
所在地:雲南市三刀屋町乙加宮/三刀屋町坂本
川:三刀屋川
道路:県道51号(出雲仁多線)

【撮影】
平成26年4月




  1. 2017/01/14(土) 16:14:58|
  2. 国道54号線の古い橋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国道54号沿線に残る戦前の橋 【その11・船津橋】

1_201610301215277b5.jpg

「国道54号沿線に残る戦前の橋」シリーズ、その11は船津橋です。


2_20161030121529501.jpg

(参謀本部「木次」昭和7年より)

前回の霞橋との位置関係は図の通りです。



3_20161030121531747.jpg
(国土地理院ウオッチ図より)

現在の地図。掛合町多根地区ではうねうねとする三刀屋川に対し、

旧道は川に沿ってカーブが続きますが、

現国道は橋とトンネルでショートカットしています。

おかげで旧道が良く残る区間となっています。


4_20161030121532730.jpg 

船津橋の全景です。橋の幅は広く、二車線分弱くらいでしょうか。

当時の省営バスのサイズであれば十分すれ違い可能であったと思われます。


5_201610301215333d2.jpg 

船津橋の親柱には橋の名前と竣工年が残されていました。


6_20161030121547cca.jpg 

昭和101月竣工とありました。

昭和98月の雲芸線開業には間に合わなかったようです。

 

「島根の近代化遺産リスト」では、旧掛合町では

平岩橋(S8)と金原橋(S8)はリストに入っていますが、

松尾橋、前回の霞橋(S8)と船津橋(S10)は漏れています。

同じく戦前の橋なのにこの差はどこから来たのでしょうか。


7_201610301215492f1.jpg 

親柱と欄干。きれいな姿で残されています。

橋の向こうに現国道が見えます。


8_20161030121550fc0.jpg 

親柱と欄干。


9_201610301215522a6.jpg 

親柱。


10_20161030121553594.jpg 

親柱、欄干ともに、人造石洗出し仕上げです。


11_20161030121609497.jpg 

架かる谷は意外と深さがありました。

 

12_2016103012161183d.jpg 

現在の国道54号線から眺めた姿です。

船津橋とその周辺の旧道は旧国道時代の名残を十分にとどめる貴重な存在と思われます。

 

 

【橋の諸元】

橋名:船津橋

竣工:昭和10年1月

型式:RC桁橋

所在地:雲南市掛合町大字多根字船津

川:?

道路:雲南市市道?

 

【撮影】

平成264月(雨の画像)

平成275月(晴れの画像)





  1. 2016/10/30(日) 12:24:54|
  2. 国道54号線の古い橋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国道54号沿線に残る戦前の橋 【その10・霞橋】

1 

国道54号線沿線の古い橋のその10は、霞橋です。


①現在図 

国土地理院ウオッチ図より

 

霞橋は雲南市、旧掛合町多根の旧道に架かる橋です。

多根地区では三刀屋川が西に大きく蛇行しており、

元の国道54号線もこの三刀屋川に沿っていました。

 

戦後の国道改良工事によって、多根トンネルが作られ、

国道がショートカットすることとなったため、

多根地区の道は拡幅されることなく旧道となり、

結果、霞橋も架橋当時のまま残されているわけであります。


①昭和7年参謀本部木次 

「木次(昭和7年参謀本部)」より

 

戦前の松尾橋・霞橋周辺を地図より抜き出しました。

霞橋の近くには旧多根村の役場があったようです。


2 

三刀屋側より眺める霞橋の全景です。

道幅は2車線弱くらいあり、これは当時のままの姿と思われます。


3_20161010164256ecf.jpg 

「昭和89月改架」とあります。

霞橋の親柱は4基とも現存しており、

いずれも橋名と改架年月が刻まれているのが確認でき、

一連の橋の中で、現地で橋名と年代が分かる貴重な存在です。

 

昭和8年、霞橋竣工前後の新聞記事を、見つけることが出来ましたので、

転記したいと思います。


③s8820 

松陽新報(昭和8820日)

「河川大増水し霞橋陥落す 飯石郡中央部の豪雨」

さる十七日正午頃より約二時間に亘り飯石郡中央部多根、松笠両村では

雷鳴轟き大豪雨あり河川はために一丈余の増水を見た。

これがため流域水田は殆ど増水したが、

多根村では折から改架工事中の県道霞橋が一大音響と共に陥落し、

松江、広島線の交通は途絶した。

木次土木管区出張所では直ちに現場に急行し応急処置の結果、

間もなく人の通行は可能となった、

なお復旧工事に着手し十九日午後までには車馬の通行可能の予定である。

 

昭和8820日に、局所的なゲリラ豪雨が発生して、

改架工事中の橋が陥落したという記事です。

霞橋は翌9月には竣工式を挙げておりますので、

「改架工事中の橋が陥落」する状況が良くつかめませんが、

あるいは、仮設の橋が流されたということなのかもしれません。

 

一か月後の同じく松陽新報で竣工式の模様が記事となっていました。


③s8930 


松陽新報(昭和8930日)

「霞橋竣工式」

「飯石郡多根村にて秋晴の廿八日盛大に挙行」

飯石郡多根村字霞町地内県道霞橋は本年六月以来県費を以て

大原郡木次町稲田組によって改架中のところ此程完成し

鉄筋コンクリートのモダン橋となり之が竣工渡り初式を

廿八日午後三時より霞町協賛会に於て執行したが、

来賓として

清水県議、守山木次土木管区所長、古藤掛谷警察署長、

前島技手、長岡工手、吾郷多根村長、

中島多根村小学校長、稲田工事請負人其他多根村議員、

学校教員、村民有志者数十名にて

定刻煙火打揚と共に吉川星原神社社導は修祓式を挙行、

渡部町協賛会長の挙式の挨拶、来賓の玉串奉奠の後、

小学校児童をして渡り初を行い、

吾郷村長の発声にて天皇陛下万歳を三唱して式を閉じ

直ちに来賓は協賛会主催の祝賀宴会に臨み午後八時盛宴理に閉会した。

尚当日は協賛会の余興沢山あり、

煙火を打揚げ又福引等あり近郷よりの人出等で近来にない賑いを呈し

又行商人等沢山入り込み大雑踏を呈した。

 

「多根村字霞町地内」とある事から、「霞橋」の名前は、

当地の地名からとられたことが分かります。

新聞記事には来賓出席者の様子、式の次第、当日の村の様子などが記されており、

当時を知るための貴重な資料ではないでしょうか。

 

橋の記録としては下記のことが明らかになりました。

・昭和8年6月起工

・昭和8928日竣工式

・県費にて工事

・木次町の稲田組が施工


4_2016101016431616a.jpg 

親柱はデザイン的に当時のもののようですが、

それに比べ欄干部分は少々簡素な感じであり、

戦後に作り直されたもののように思われます。


5_20161010164317130.jpg 

欄干の鉄パイプが親柱に突き刺さるの図。

ほかに欄干を撤去したような痕跡はなく、

オリジナルも鉄製欄干で戦時中に供出、

戦後、その跡を利用して同じように据え付け直したのかもしれません。


6_20161010164319d6e.jpg 

橋脚のない小さな橋で、三刀屋川の支流である濁川に架かっています。

画像橋の向こうに見えるのは三刀屋川で、橋は三刀屋川と濁川の出合いに位置しています。

 

【橋の諸元】

橋名:霞橋

竣工:昭和89月(竣工式928日)

施工:稲田組(木次町)

型式:RC桁橋

所在地:雲南市掛合町多根

川:濁川

道路:雲南市市道?

 

【撮影】

平成264








  1. 2016/10/10(月) 16:51:00|
  2. 国道54号線の古い橋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国道54号線沿線に残る戦前の橋 【その9・松尾橋】

1_20161001113307141.jpg
国道54号シリーズその9は旧松尾橋です。


2_20161001113308da0.jpg
並行して平成8年架橋の松尾橋が架っており、
現在は橋として現役を退いているように見えます。
しかし、決して通行止めになっているわけではなく、
ブログ主もレンタカーで橋を渡ることが出来ました。
 
この橋は島根県教育委員会の「島根県の近代化遺産」に記載がなく、
正式な橋名、架橋年は不明です。
隣の現橋が「松尾橋」を名乗っているので、
おそらく古い橋ももともとは松尾橋だったのだろうと推定して、
「旧松尾橋」と表したいと思います。


3_20161001113311766.jpg 
(国土地理院ウオッチ図より一部転載加筆)


位置関係を地図で示します。
旧松尾橋は三刀屋川の支流なる笠松川に架かる橋です。
もともと国道54号線は笠松川と三刀屋川の合流地点を避け、
西にぐっと寄って旧松尾橋で笠松川を渡っていました。
 
昭和40年以降の改良工事で、54号線は清泉橋・増砂橋で三刀屋川をクリアし
この地点をショートカットすることとなったため、
旧松尾橋は国道から外れることとなりました。
 
国道改良以降、雲南市笠松、出雲市須佐を経由して湖陵町を結ぶ、
県道39号(湖陵掛合線)の橋となっていましたが、
前述の通り平成9年には新しい松尾橋が隣にでき、現役を退いたわけであります。
 
正式な記録を見つけられなかったので、
以上の記述はブログ主が地図と現況から推定したものです。


4_20161001113312f1c.jpg 
(参謀本部 木次(昭和7年)より引用)


戦前の姿はこのように。


5_20161001113313d98.jpg 
掛合側から橋の全体をうつします。
画像の右手が笠松川の下流となり、すぐ隣に現在の松尾橋が架かっています。
三刀屋方の橋のたもとには某会社の事務所があり、
何となく敷地の一部になっているような雰囲気です。
しかし、ちゃんと車は通行できます。


6_20161001113410038.jpg 
現在の松尾橋から見た旧松尾橋の姿です。
橋脚が心細いくらい細く感じます。


7_20161001113412365.jpg 
同じく現松尾橋からの姿。緑に囲まれてよい雰囲気です。


8_20161001113413edc.jpg 
橋脚のクローズアップ。
金原橋の橋脚の形態と似ています。同時期の架橋なのでしょうか。
 
9_201610011134159d6.jpg 
なかなか凝った作りの親柱です。
コンクリート造りで表面の仕上げを変えてアクセントをつけています。


10_201610011134168f9.jpg 
親柱は4基とも現存ですが、残念ながら橋名板はすべて失われています。


11_201610011134293c2.jpg 
橋脚上の桁橋の接合部分。


12_201610011134302f2.jpg 
親柱や欄干にも破損が少なく、保存状態もよさそうに見えます。
いつまでもお元気でと願います。
 
 
【橋の諸元】
橋名:松尾橋??
竣工:不明
形式:RC桁橋
所在地:雲南市掛合町
川:笠松川
道路:?

【撮影】
平成25年9月
平成27年5月



  1. 2016/10/01(土) 11:49:00|
  2. 国道54号線の古い橋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ