元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

村上家資料館(海士町大字海士)

CIMG8813.jpg
海士町の旧海士村役場裏手に、隠岐の豪族村上家の資料を公開している、「村上家資料館」があります。
村上家は中世からの隠岐の豪族で、
隠岐に御配流となられた後鳥羽上皇のお世話をしたことでも有名な歴史のある家柄です。

CIMG8816.jpg
村上家資料館の建物は、もとの村上家のお屋敷であり、平成21年から平成25年にかけて復元整備を行い
平成26年に資料館として再活用されることになりました。
同年の第23回しまね景観賞では公共建築物部門の奨励賞を受賞しています。

CIMG8817.jpg
第23回しまね景観賞の資料によれば、現在の建物は明治33年に建てられたものとのことです。
建物は純和風で外観に洋風建築の要素はありませんが、玄関部分の意匠は、
明治・大正期に県内に建てられた小学校校舎の玄関の意匠にも類似しています。

img351ss
こちらは戦前の村上家を写した絵葉書です。
この絵葉書は実際に使用されていて、
貼られている切手は田沢型切手の一銭五厘(大正2年~昭和12年)、消印の日付は10-8-11となっていますので、
大正11年か昭和11年かのどちらかの年に使用されたことが推察されます。

ただ上記はあくまで郵便が出された時期であって、
絵葉書の年代測定法に基づいて絵葉書の仕様を観察してみますと、
通信欄の罫線がないので、絵葉書自体の発行は明治6年〜明治40年3月の間となります。
村上邸の再建が明治33年ですから、絵葉書に写された写真は明治33年から明治40年の間、
再建されてから間もない時期の姿ということが推察されます。


【撮影】 
平成26年9月

【参考資料】
海士町資料
第23回しまね景観賞

スポンサーサイト
  1. 2017/07/01(土) 19:35:22|
  2. 島根県の近代建築・隠岐地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧浦郷警察署その2(西ノ島町浦郷)

CIMG85371.jpg
以前ご紹介した、旧浦郷警察署の建物ですが、
松陽新報に昭和8年の新築落成の記事がありましたのでご紹介します。

松陽8年10月15日2
昭和8年10月15日付松陽新報より

こちらが新築当時の浦郷警察署の写真です。
現在の姿と比べますと、
・屋根上にドーマー窓がある
・建物手前の増築部がなく、円を描く庇がある
・門柱が確認できる
などの違いがある事が分かります。
つまり、現在までにだいぶ改変されている。ということです。
建物の印象が違いますね。


画像だけでなく、新聞記事もあったのですが、
近隣の村から建築の寄付を募ったとか、署長さんの挨拶とか、
そのような記事ばかりで、
直接建物の詳細について触れている箇所がありませんでしたので割愛しました。

学校や役場の新築記事ですと、坪数や部屋数、設計者などかなり細かく
建物に関してのプロフィールを記載しているのですが、
警察署の場合はやはり、防犯上の配慮などがあったからなのでしょうか。
浦郷警察署に限らず、警察署新築の記事は時々見つかるのですが、
あまり建物のプロフィールに詳しく触れているものはありません。
施工・設計者の情報は皆無です。


  1. 2017/03/25(土) 22:58:05|
  2. 島根県の近代建築・隠岐地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

船越公会堂(西ノ島町船越)

1_20151205204130ba3.jpg
西ノ島の大体真ん中、船越の港に佇む
船越公会堂の建物です。

2_20151205204131435.jpg
2階建て下見板張り半切妻屋根がいかにもな、
好ましい役場風建築です。

1階手前の張り出し部分だけなぜか黒瓦。
おそらく増築部分なのではないかと思われます。

3_201512052041336b8.jpg
2階窓の窓部分。
建具はサッシ化されておりますが窓枠の造作が繊細。

4_2015120520413478a.jpg
建物の裏側です。

5_201512052041356dc.jpg
西ノ島町の町誌「隠岐西ノ島の今昔」に
町内の集会施設の一覧があり、
「船越公会堂 昭和10年」とありましたので、
この建物が昭和10年築ということがわかりました。

もともと、公会堂として建てられていたのか、
或いは、たとえば船越地区の産業組合的な建物として
建てられたものなのか、そのあたりは不明であります。


【建物のプロフィール】
竣工当時の建物名:?
現在の建物名:船越公会堂
竣工:昭和10年
構造:木造2階建て
設計者:?
施工者:?

【撮影】 
平成26年9月

【参考文献】
隠岐西ノ島の今昔  平成7年 西ノ島町編

  1. 2015/12/05(土) 20:47:49|
  2. 島根県の近代建築・隠岐地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧海士村役場(JAどうぜん海士支所)その2

1
以前ご紹介した、隠岐島前の旧海士村役場
平成26年9月に再訪しました。

前回の訪問は平成16年の3月ですから、実に十年ぶりの訪問となりましたが、
以前と変わらず、JAどうぜん海士支所の建物として現役でした。

2
訪問した日は「平日」で、JAも営業中。
おまけにATMの工事をしていて、トラックなどが写りこんでしまっていますが、
建物訪問をしていると空家となったさみしい風景ばかりなので、
このように、戦前の役場建築が現役で使われているのをみるとうれしくなります。

3
昭和9年築の旧村役場、古写真と比較しましても、
建具が変わっている以外改変箇所はなく、保存状態は大変良いです。

4
玄関に掲げられたマークは海士町の町章です。
ウイキペディアによれば、
大正4年に海士村の村章として制定された、
歴史のあるマークのようです。

5
建物全景。

7
建物裏。付属建物が色々組み合わさって複雑な構成です。

8
上掲の画像と反対側から裏側を。
手前の建物はJAの購買部の建物のようで
こちらは戦後の建物だと思われますが渋い建物で、かつ現役です。

この風景そのものが貴重な遺産なのではないでしょうか。

9
旧役場の向かいには現在の海士町役場が建っています。
こんな役場建築もだんだん数が少なくなっていますので、
記録しておいた方がいいのかもしれません。



【撮影】
平成26年9月

  1. 2015/10/12(月) 11:14:25|
  2. 島根県の近代建築・隠岐地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧知々井郵便局(海士町知々井)

1
海士町の知々井(ちぢい・漢字が出ない)という集落で見つけた旧郵便局の建物です。

3
なぜ郵便局とわかったかといいますと、こういう看板が残っていたからです。
ポストマップというサイトによりますと、次のような履歴が記されていました。

昭和61年4月1日   知々井郵便局廃止、知々井簡易郵便局設置
平成10年11月16日 移転

平成21年に隠岐で郵便局巡りをしたブログがあって、
この建物の画像が掲載されていましたがポストが確認できました。
移転後もしばらくの間ポストが残されていたようです。

2
全体的に民家風ですが玄関部分は洋風です。

4
2階部分はかなり天井が低そうです。

5
はたしていつ頃の建物なのでしょうか。
郷土資料を読みましたが、この建物の記述は見つけられませんでした。

6
こちらは現在の知々井簡易局。これはこれで味のある建物です。

【撮影】
平成26年9月

  1. 2015/02/06(金) 22:28:41|
  2. 島根県の近代建築・隠岐地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ