元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

JA斐川町荘原支所(出雲市斐川町)

平成の大合併を乗り切り、単独町制でがんばってきた斐川町でしたが、
平成23年、ついに出雲市に編入合併となってしまいました。

その新出雲市斐川町大字荘原町にある、JAの支所の建物です。

hikawa1.jpg
こじんまりとしたいかにも田舎の役場といった風です。
鉄筋コンクリートでしょうか。

hikawa2.jpg
「出雲・雲南今昔写真帖(郷土出版)」によれば昭和3年築とのことです。

hikawa3.jpg
現在はJA斐川町荘原支所となっていますが、
荘原地区のほぼ中心に存在することや、
昭和30年までこの地が荘原村であったことなどから、
もしかすると元は「荘原村村役場」だったのかもしれません。

今後、町村史にて確認ができればと考えています。

【平成26年5月追記】
平成25年9月に再訪したところ、跡形もなく、更地になっているのを確認しました。
敷地内に古い門柱も残っていたはずですが、これも消え去っていました。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/25(水) 00:21:53|
  2. 島根県の近代建築・出雲市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ