元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

鉄コレ16弾に幌をつけました

鉄コレ16弾の「しらさぎ号」、「くたに号」、こういうネタが
鉄コレで簡単に手に入ってしまう素敵な時代ですが、
ひとつ残念なのは連結間隔があき過ぎて、
特徴的なワイドな連結面が丸見えとなってしまう点です。

そんなお悩みを解決するアイテムがあると、
T-Trak Networkのメンバーからアドバイスがあり、
さる12月23日に大宮で開催された、
「さいたま鉄道模型フェスタ」でそのアイテムを購入してきました。


DSCF9934.jpg
北野工作所から発売された「鉄コレ ワイドホロ」です。
素材はボール紙かと思いますが、幌となるパーツが8枚入っています。
これで幌2か所分。4枚を貼り合わせて一つの幌とします。

DSCF9936.jpg
紙なので木工用ボンドでも接着できそうです。
とりあえず4枚接着して「くたに号」の連結面に置いてみますと、
ばっちりフィットしました。

DSCF9938.jpg
サーフェーサーを吹いて完成とします。

DSCF9939.jpg

DSCF9942.jpg
製品のままのカプラーですとこれだけ間隔が開いたままです。

DSCF9945.jpg

DSCF9946.jpg
走行用パーツセットのカプラーに換えるとこのようにリアルな連結間隔に!

DSCF9949.jpg
トミックスのミニ手動ポイントも支障なく通過します。

DSCF9951.jpg
ミニカーブレールも問題ありません。

DSCF9952.jpg
が、しかし、当然このようになってしまいます。
これはやむをえません。
スポンサーサイト
  1. 2012/12/30(日) 23:07:21|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ