元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

有福小学校(浜田市下有福町)

1
浜田より有福温泉へ向けて車を走らせますと突如立派な近代建築が出現します。
昭和9年築の有福小学校講堂です。

2
島根県建築士会HP「しまねの家」の紹介文を引用しますと、
『大正11年建築*、ゼツッション風のデザインを思わせる。膨らみのあるエンタシスの柱、
アーチの大きさを変えた3連窓の意匠が特徴的。全国各地に同様のデザインの
講堂があるところを見ると、モデルがあったものと思われる。』とのことです。

つまり、どこかの高等教育機関の講堂のデザインを有福小学校向けににアレンジしたということでしょうか。
ブログ主は、一橋大学の兼松講堂や、関西学院大学の時計台に印象が似ていると感じます。


*ブログ主注
「島根の家」では講堂の建築年を大正11年としていますが、有福小学校HPの沿革や、
島根県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書では講堂の建築年を昭和9年としています。
現存の校舎の一部が大正11年築なので、混同してしまったのかもしれません。


3
RCの堂々とした建物です。校舎の方は木造なので、いささかバランスが取れていません。

4
このような立派な講堂を建てるに至った経緯について大変興味を覚えます。

5
講堂と木造校舎とは付属建物で連結しています。

6
校舎の全景。校舎の歴史について、有福小学校のHPの沿革に下記のように記されています。
・大正11年 校舎増築(2階建東側) 〔現存〕
・昭和 9年 校舎(2階建西側)並びに講堂新築 〔現存〕
従って、画像左側が講堂とともに昭和9年に建てられた部分、
画像右側の少し屋根の低くなっている部分が大正11年に建てられた部分と考えられます。

7
大正築校舎の拡大画像です。学校の玄関はこちらです。


このような農村に本格的なRCの講堂が建設されたという特異なケースに加え、
大正・昭和戦前期の木造校舎が現存して現在も元の用途のまま活用されているという、
非常に稀有な存在であるのがこの有福小学校なのであります。


【撮影】 
平成24年9月

【参考文献】
島根県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書 平成14年 島根県教育委員会
有福小学校HP
島根県建築士会HP「しまねの家」

スポンサーサイト
  1. 2013/12/31(火) 01:09:15|
  2. 島根県の近代建築・浜田市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ