元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧匹見小学校講堂(益田市匹見町匹見)

以前、「匹見の建物」として紹介したものの改訂版です。


hikimi1.jpg
匹見町の中心部で、縫製工場の建物として利用されているこの建物は、
昭和9年に建設された、旧匹見小学校の講堂でした。

hikimi03.jpg
匹見地区の小学校の変遷は省略しまして、
現地に移ってからは大正7年に校舎新築、
昭和9年に校舎増築され、現存する講堂が新築されています。

昭和52年、匹見小学校は移転新築。
その後、講堂は縫製会社の工場として活用され現在に至ります。

hikimi02.jpg
画像、講堂の右側に2階建ての木造校舎があり、
講堂手前の駐車場がかつての校庭でした。

画像は平成17年撮影のものですが、
Googleストリートビューで若干修復された
現在の姿を見ることができます。


【撮影】 
平成17年8月

【参考文献】
匹見町誌現代編 平成19年 益田市
写真アルバム 石見の昭和 平成24年 いき出版

スポンサーサイト

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/03/25(火) 21:50:31|
  2. 島根県の近代建築・益田市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ