元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

国道54号線沿線に残る戦前の橋 【その7・平岩橋】

1_20160124210215347.jpg
国道54号に残る戦前の橋のその7は、平岩橋です。

図1あ
(国土地理院ウオッチ図より一部転載加筆)
平岩橋の位置はココ。広島方面から見て、掛合の町の玄関口となる重要な橋です。
現在の国道54号は平岩橋を渡らず、日倉橋より南へ直進し、掛合の中心地の東側を迂回しています。

平岩橋
大日本帝国陸地測量部 木次(昭和10年)を引用
かつての平岩橋は、吉田村方面への分岐としても重要な位置であったことがわかります。

3_201601242102174f1.jpg
中間橋脚をもつ、RCの桁橋です。

4_20160124210218f0e.jpg
奥に見えるのが現道の日倉橋。
東側・下流側の親柱は日倉橋の歩道と干渉する為に撤去されています。

5_20160124210219f96.jpg
平岩橋の親柱です。橋名板は跡だけが残ります。
島根県の近代化遺産資料によると昭和8年架橋となっています。

6_20160124210221d80.jpg
欄干はよくあるコンクリート造り。
アーチを持つ開口部を三つ連続させるタイプも県内によくあるデザインです。

7_20160124210333477.jpg
掛合町側から現国道方向を撮影。
橋を渡って右方向が広島方面です。

【橋の諸元】
橋名:平岩橋
竣工:昭和8年
形式:RC桁橋
所在地:雲南市掛合町掛合・平岩
川:三刀屋川
道路:町道?

【撮影】
平成25年9月

【参考文献】
島根県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書 平成14年 島根県教育委員会


スポンサーサイト
  1. 2016/01/24(日) 21:14:15|
  2. 国道54号線の古い橋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ