元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

一畑電鉄の貨車ト60

CIMG5652.jpg

真岡鉄道の真岡駅に一畑電鉄の貨車が保存されています。
 
Wikipedia他の資料によれば、
もともとは大社宮島鉄道(後の一畑電鉄立久恵線)で使用されていたそうです。
昭和10年に日本車両で製造され、大社宮島鉄道で使用されていましたが、
昭和40年に立久恵線が廃止になってから北松江線に転属し、
平成23年頃までバラスト散布などに使用されていました。
 
なぜ真岡に?と思ったのですが、平成23年に一畑電鉄が競売を行って
これをジェイアール貨物・北陸ロジスティクスが落札して整備したところ、
真岡鉄道が購入したもののようです。
一畑で一緒に働いていた同形式のト61も一緒に落札されましたが、
こちらはまだ伏木で販売中の模様であります(欲しい!)。
 
大社宮島鉄道由来の車両となりますと、
米子で保存されているハフ21がありますが、
これは鉄道省からの払い下げですので、
純粋な大社宮島鉄道の車両として現存しているのは、
このト60と伏木で保管されているト612両だけと思われます。
 
【参考文献】
特別展 一畑電車百年ものがたり 平成22年 島根県立古代出雲歴史博物館









スポンサーサイト
  1. 2016/11/23(水) 20:22:07|
  2. 島根県の近代化遺産(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ