元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧赤江村役場その2(安来市赤江町)

1_20170513215137b1e.jpg
以前ご紹介した、安来市赤江町の旧赤江村役場について、
建物が建設された当時の新聞などから、情報を整理してみたいと思います。

3_201705132151391f5.jpg
昭和3年12月12日付松陽新報

「満山錦を飾るけふの赤江の賑ひ」
「飯梨川畔に甍並べて落成した村役場と信組事務所」

新聞記事中に建物に関する具体的な記述はありませんが、
新築は「御大典」を記念したものと記されています。
昭和3年は昭和天皇のご即位の大礼が京都で行われた年であり、
「御大典」の記念として各地で様々な催し物が行われたり、
これを機会として官公庁、学校等が新築されたりしています。

島根県内も例外ではなく、昭和3年当時の新聞記事を確認しますと、
御大典を機として、学校や信用組合、役場などが
相次いで新築されていることが確認できます。
新聞記事では、赤江村役場のほか、
信用組合事務所も同時に新築されたことが記されていますが、
信用組合の建物の方は現存していません。

4_20170513215140dc0.jpg
新聞記記事にある、新築時の役場です。

5_20170513215142aac.jpg
当時の写真と比べると、窓や玄関がアルミサッシ化されていますが、
それ以外は現在まで当時の姿を保っているように思われます。

6_2017051321514469c.jpg
昭和3年12月12日付松陽新報

設計者などの情報は、新聞下段の名刺広告にありました。
広告には、下記の情報が記されていました。
「建築・設計・監督 長谷川工務所 長谷川治之助」
「赤江村役場改築・信用組合事務所改築
 工事請負 長谷川辨次郎、小松原伴次郎、大櫃丈四郎」

この情報から、赤江村役場の設計は、長谷川工務所の長谷川治之助、
工事請負が長谷川辨次郎他、ということがわかりました。

長谷川治之助の名前は、以前ご紹介した井尻村産業組合事務所他、
安来・能義郡エリアの近代建築の設計者として時々名前が出てくる人物です。
昭和12年に刊行された「郷土の光‐能義郡誌」を読んでいたところ、
後半の能義郡の名士紹介の項目で、「長谷川治之助」の紹介があるのを発見しました。
以下に「郷土の光‐能義郡誌」より、長谷川治之助の項を引用します。

長谷川工務所長 長谷川治之助氏 能義郡赤江村

明治30年11月岳父辨二郎氏(※1)の次男に生まれ学校卒業と同時に
広島市土木請負業森田福一商会(※2)に入り、全国各都市の支店出張所に勤務し
立川飛行場を始め各方面に於ける土木設計監督の実際を修練して棋道の蘊奥を極め、
去る大正15年4月、帰郷と共に現在の地に長谷川工務所を開設一般の需に応じている。

氏は地方稀に見る新進の設計監督者として棋界にその名を知られ、
現に島根、鳥取の両県各地に進出して大に技能を発揮しているが、
同所に於いて取り扱った主なるものを挙げれば赤江村小学校を始めとして(※3)、
西伯郡地方小学校中建築美の粋を集めた加茂村小学校、本郡能義小学校、
本郡能義村役場、同井尻村役場、同産業組合、同山佐村役場、同産業組合、安来町停雲楼等々は
その代表的なものであり、開業以来人気輻輳して非常な隆昌を極めている。
(以下略)


※1)赤江村工事請負の長谷川辨次郎が父と推定されます。
※2)戦前に広島で土木請負業を起し、後に衆議院議員となった森田福市の経営していた「森田組」と推定されます。
※3)「能義郡誌」のほか、戦前の新聞記事等で確認した物件も加え、長谷川治之助が手掛けた作品を下記に記します。

図1
赤字で示しているのは現存する建物です。
能義郡誌で作品としてあげられていた「安来町停雲楼」は、
現在も安来で「料亭停雲」として盛業中ということがわかりました。
しかし、長谷川治之助が設計した当時の建物が残っているのかどうかは未確認です。


以上、赤江村役場の設計者である長谷川治之助の情報を中心にまとめてみました。
長谷川治之助以外にも、戦前に島根県内で活躍した地元の建築家が少なからず存在する筈であり
、今後も引き続き調査を進めていきたいと思っています。


【建物のプロフィール】
竣工当時の建物名:赤江村役場
竣工:昭和3年
構造:木造
設計者:長谷川治之助(長谷川工務所)
施工者:長谷川辨次郎・小松原伴次郎・大櫃丈四郎

【参考文献・HP】
郷土の光‐能義郡誌 昭和12年  能義郡刊行会
料亭停雲


スポンサーサイト
  1. 2017/05/13(土) 22:02:35|
  2. 島根県の近代建築・安来市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ