元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

湊浦の元郵便局?

今は合併して浜田市となった旧三隅町。
その中心の駅が山陰本線の三保三隅駅ですが、
この駅から益田のほうへ少し走りますと、湊浦という古い集落にたどり着きます。

み1
その集落の中に古い郵便局?と思われる建物が残っています。

み2
この建物の数軒先に三隅三保郵便局がありましたので、
元は三隅三保郵便局だった建物なのではないかと思われます(根拠はありません)。

み3
看板からして、郵便局が移転した後は洋品店のような使われ方をされていたのではないでしょうか。
現在は空家のようです

み5
付近にはこんな建物も残っています。



み6
ところで、三保三隅駅、三隅三保郵便局と、
公共施設の名前が合成駅名っぽくなっているのはなぜなのでしょうか?
湊浦の集落には三保公民館や三保保育園という施設がありますが、
三保という地名は地図にはありません。

そこでウィキぺディアでこの地域の町村の変遷をしらべてみました。

明治25年:岡崎村が三隅村に改称
明治43年:古市場村・西湊村が合併し、三保村が発足
昭和2年 :三隅村・西隅村が合併し、三隅町が発足
昭和30年:三隅町・黒沢村・岡見村・三保村、大麻村の一部、井野村の一部が合併し、三隅町が発足

三保というのは、湊浦周辺の元の村名だったわけです(三保の起源はどこから来ているのでしょう?)。
三保三隅駅の現在の所在地は三隅町西河内ですが、すぐそばに三隅町三隅との境界があります。
駅の開業が大正11年であり、三保村と三隅村が存在していた時代です。
ちょうど村境に駅ができるというので両方の名前をとって合成駅名になったのではないかと勝手に想像します。

では三隅三保郵便局は完全に三保村の域内にあるのになぜ三隅を冠しているのか?
・「もともとは駅の近くにあったものを移転した」
・「三隅町に合併した後に旧村名を残すためにこのような名前になった」
と、いろいろ考えられるわけですが、今後調べられればと思います。

参考:ウィキぺデイア 那賀郡の項



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/10/04(木) 22:53:43|
  2. 島根県の近代建築・浜田市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道フェスタに行ってきました | ホーム | 益田市水道部益田水源地事務所>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/100-fca0348f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)