元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧天津医院?(川本町)

県の合同庁舎などが設置されている川本町は
江の川流域における中心的な町といってよいかと思いますが、
近代建築に関して言えば市街地にはあまり印象的な建物は残っていません。

「島根県の近代化遺産」のリストに掲載された川本町市街地における
近代建築は、清水薬店(S8)、寺田電器店倉庫(S10頃)、天津医院(S4頃)の3棟です。

DSCF8956.jpg
この建物はその中のおそらく天津医院だった建物かと思われます。
?にしましたのは確証がなかったからでありますが、
なんとなく医院のようなたたずまいがいたします。

DSCF8951.jpg
今は喫茶店となっている。と言いたいところですが、
微妙に建物本体部分に喫茶店は入っていない様子。
玄関部分がオシャレですね。

DSCF8954.jpg

DSCF8952.jpg
窓が板張りになっていたりガラスがはまっていなかったり、
やや荒廃している雰囲気です。

DSCF8950.jpg
平成14年の「島根の近代化遺産」でのリストでは「旧」とはついておらず、
この時点では現役の医院だったのかもしれません。
かといって喫茶店の古び方を見ると、
医院の廃業後に喫茶店が店子として入ったというわけでもなさそうです。
ある程度の期間、医院と喫茶店とは共存していたのかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/03/09(土) 22:49:00|
  2. 島根県の近代建築・石見地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<有福温泉御前湯 | ホーム | 京王れーるランドに行ってきました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/144-7ad81bbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)