元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

私鉄の駅を作る1

単線路面モジュールの浅川電気軌道シリーズも、
昨年のケーブルカー、今年の杉林と着々と世界が広がってまいりましたが、
実は第1作目が未完成のままとなっております。

2011_10280005.jpg
一昨年のJNMAに初参加、同年のJMRAにも参加しましたが、
その後も駅舎が未完成(放置)のまま現在に至ります。

なぜ駅舎が未完成のままかと申しますと、
御覧の通り屋根の形状が複雑で、その解決策を見いだせなかったからであります。

2011_10280008.jpg
建物両翼の屋根はマンサード(ブログ主は洋館=マンサード屋根という誤った価値観の持ち主です)、
それを三角屋根で連結するという複雑な形状になってしまい、
マンサードと三角屋根とのつなぎ目をどのように処理すればよいのか、
高度な計算のできないブログ主にとって、解決できない問題でありました。

現在も問題は解決していませんので、結局は「現物合わせ」で乗り切ることになります。

DSCF1611.jpg
屋根は取り外しができるように、本体とは別構成とします。

DSCF1612.jpg
屋根の下地が完成。隙間がだいぶありますが、いいのです。
この上にエバーグリーンの「バテン」をかぶせて屋根を表現することになります。

DSCF1615.jpg
ここまで来るともっと先に進もうという気になりますね。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/07/22(月) 12:11:20|
  2. ストラクチャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<私鉄の駅を作る2 | ホーム | JNMAに参加してきました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/170-f5619728
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)