元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

ジオコレの「コンクリート製の橋」は素晴らしいと思います

1
いまさらですが、情景コレクション「橋D 木製、コンクリート製の橋」(以下ジオコレ橋)は
とても素晴らしいストラクチャーだと思います。

2
このタイプの橋はRC桁橋と言えばよいのではないかと思いますが、
土台・桁・欄干等、すべての構造物が鉄筋コンクリートで形成されており、
橋全体のデザインは平凡ですが、欄干や親柱の造形が凝ったものが多いのです。
架橋年代は戦前に集中しますが、デザイン的に戦前かと思っていても
よくみると昭和20年代の架橋のものも少なくなく、架橋年代が油断できません。

3
浜田市の市木橋です。

4
欄干や親柱のデザインから戦前架橋と思いきや昭和28年架橋です。

5
市木橋のコンクリート製欄干。

6
ジオコレ橋の欄干。

それにしても製品のこの橋脚の造形といい、桁の雰囲気といい、欄干の表現といい、
相当実物のRC桁橋を観察したうえでの製品化なのではないでしょうか。
親柱の表現がやや弱い印象ですが、これはプラ棒などで自作するのがよいでしょう。

8
ジオコレ橋の橋脚。

7
大東町下久野に架かる橋。これがジオコレ橋に似ているかな?。

9

11

12
こうして橋脚部分の桁橋の架かり方を見ると、
ジオコレ橋でもよく再現されていることが分かります。

13

14
戦前から昭和30年代くらいのレイアウトを作る際には好適なストラクチャーと言えましょう。
また、現在でもバイパス化の際に道路の拡幅を免れた集落のはずれなどでまだまだ現役ですし、
道路の改良工事で直線化された国道のそばにひっそり放置されているケースもありますので、
現代的なレイアウトに取り入れる余地は十分にあります。

16
国道54号線の旧道区間に架かる橋です。

17
上記の旧橋を現国道から撮影。
このような一幅の絵のような風景をモジュールでも再現したいものです。


ブログ主もそのうちモジュールに組み込む計画でおります。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/10/06(日) 22:40:48|
  2. ストラクチャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄道フェスタに行ってきました | ホーム | 旧山陰合同銀行横田支店(奥出雲町横田)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/184-1a670658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)