元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧佐野小学校宇津井分校(浜田市宇津井町)

5
浜田市の宇津井地区に残る、元の佐野小学校宇津井分校の校舎です。
宇都井分校は昭和45年に本校に統合され、現在は石見公民館宇津井分館となっています。
明治41年の築と推定されます。

1
宇都井ののどかな集落。

2
ちょっとした高台にお堂と分校の建物が並んで建っています。

3
急な坂道を登ります。

4
分校らしいこじんまりとした建物です。

6
玄関部分。簡素な作りです。

この分校を明治41年築と「推定」するのは次の根拠からです。

旧宇津井分校の沿革を、浜田市誌と旧佐野小学校HPから紐解きますと次のとおりです。

◎浜田市誌下巻(昭和48年)より
明治25年 創立(村社大歳神社拝殿を仮用した)
明治29年 伊南村宇津井尋常小学校
明治36年 川上庵を仮校舎にあてる
明治41年 現在地宇津井に校舎新築竣工
大正13年 合併により今福小学校宇津井分教場(伊南村→今福村)
昭和22年 新学制により今福小学校宇津井分校に改称
昭和25年 増築工事落成(昭和31年 今福村→金城村)
昭和33年 金城村佐野、宇津井が浜田市に編入、佐野小学校宇都井分校となる 


◎旧佐野小学校沿革より
明治 7年 宇津井小学校を下郷,川上庵に設置
明治25年 伊南村宇津井尋常小学校
大正13年 今福村立尋常高等小学校宇津井分教場
昭和33年 浜田市立佐野小学校 宇津井分校
昭和45年 本校に統合
   
市誌とHPとで微妙に沿革が異なりますが、いずれにせよ校舎の記述については
明治41年の校舎新築と昭和25年の増築工事とが明記されています。
戦後の増築がどの程度のものだったのか気になりますが、
建物の現状から、基本的には明治の校舎がそのまま使用されているのではないかと思われます。

7
建物の裏側の状況。建物主要部分から張り出したこの部分が「増築」部分なのでしょうか。

8
分校のすぐそばには未成となった今福線の構造物が残されています。
画像のアーチ部分右の緑の先に分校があります。



【撮影】 
平成25年9月

【参考文献】
浜田市誌下巻 昭和48年 浜田市誌編纂委員会
旧佐野小学校HP





関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/01/20(月) 21:32:07|
  2. 島根県の近代建築・浜田市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<復元された伊香保電車(東武伊香保軌道線)を見に行ってきました | ホーム | 旧飯能市立北川小学校>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/199-e3e09e5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)