元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧美田小学校

島根県には現役・再活用を問わず、木造校舎が数多く現存します。
かなりの割合で戦前築の校舎が残っているのも嬉しいところ。

今回ご紹介の旧西ノ島町立美田小学校は、
平成23年の春まで大正14年築の木造校舎が現役でした。
この大正14年築というのは島根県内でも
1、2を争う古さだったようです。

平成23年3月に惜しくも閉校、
西ノ島町のその他の小学校、浦郷・黒木各小学校と共に
西ノ島小学校として(別の場所で)再スタートを切った模様です。

今後、この建物をどうして行くかは、
ネット上の情報だけでは何ともいえませんが、
地域の歴史として再活用する方向性にあるようです。


oki011.jpg

oki009.jpg
左側に講堂が続きます

oki010.jpg

画像はいずれも平成16年に撮影したものであります。
当時は現役の校舎でしたので、敷地外からの撮影です。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/10/17(月) 20:59:18|
  2. 島根県の近代建築・隠岐地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新しいモジュール | ホーム | 島後飯美の船小屋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/22-0bd622af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)