元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

津和野郷土館(津和野町森村)

1_20140727202521d23.jpg
観光地津和野のハイライトといえば、白壁と水路の殿町通りと、
津和野大橋周辺の風情であります。
その津和野大橋のたもとに、「津和野町郷土館」が建っています。

3_20140727202524254.jpg
周囲を塀と長屋門、木とに囲まれ、建物全体を撮るのが難しいのが難点です。

2_20140727202523543.jpg
建物は昭和15年築。洋風デザインにせず、あえて屋根を載せたのは
周辺の景観に合わせるためでありましょうか。

現地の案内板によると、「郷土館」は大正10年に設立。
当時は島根県内唯一の郷土博物館だったとのこと。

現建物は昭和15年、紀元2600年記念事業の一環で建設され、
戦中の一時休館を経て昭和29年までは町役場として利用されていたそうです。

4_20140727202525778.jpg

5_201407272025266aa.jpg
柱や破風のデザインは寺院風です。

6_20140727202554750.jpg
建物の裏側から。

【撮影】 
平成26年4月






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/07/26(土) 22:36:40|
  2. 島根県の近代建築・石見地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久佐の建物と庄屋屋敷(浜田市金城町久佐) | ホーム | 旧鍋山郵便局(雲南市三刀屋町乙加宮)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/239-3b66756c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)