元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧水尻橋(江津市都野津町/二宮町)

1_20140914174643873.jpg

国道9号を江津から浜田方面に走りますと、
都野津町周辺で一旦旧道と現道とに分かれます。
このおかげで旧道沿いは拡幅されずに古い町並みが残り、
旧都野津町役場などかつての面影を残しています。

この旧道と現道は、都野津町と二宮町との境となる水尻川のあたりで
再び合流するのですが、その交差点の直前に古い橋が残っています。


銘板がなく、名前や架橋年が全くわかりません。
並行して現国道に架かる橋は水尻橋(昭和37年10月竣工)とあります。
昭和46年のゼンリン住宅地図には、
現国道の橋ではなくこの古い橋の方に水尻橋と記載されておりましたので、
仮称「旧水尻橋」としておこうと思います。

2_20140914174644aba.jpg

3_20140914174645532.jpg

4_2014091417464658f.jpg
特徴的な親柱のデザイン。

5_20140914174648f14.jpg
なんという様式でしょうか、アールヌーボーがはいってる?

6_20140914174722f36.jpg
親柱は花崗岩で、桁橋・欄干はコンクリートで白い塗装が施されています。

7_2014091417472389d.jpg
桁橋だと思うのですが、中間橋脚と桁橋との継ぎ目が見えず。
もしかしてコンクリートラーメン橋なのでしょうか。

8_20140914174724736.jpg
橋の中間部分、欄干の継ぎ目には親柱と同じ材質の中柱があります。
上流側の中柱は欠損が激しいです。

9_20140914174725e89.jpg
こちらは下流側。

10_20140914174726d9c.jpg
欄干。かつては鋳鉄の飾りが入っていたかもしれませんね。

11_201409141747520c7.jpg
都野津町・下流側の親柱は欠損。川底に落ちているかと探しましたが、見当たりませんでした。
余談ですが、橋の向こうに見えるホームセンターの敷地、
昭和46年のゼンリンの地図では自動車教習所でした。

13_20140914174754d5d.jpg
現在の国道9号に架かる水尻橋です。上流側に旧水尻橋が見えます。

14_20140914174755cb7.jpg
架橋年がわからないので確かなことは言えないのですが、
デザイン的に戦前架橋の橋かと思います。
都野津町の玄関口ということもあるのでしょう、
デザイン的にも相当力の入った橋と見受けられます。

まだまだ頑張って欲しい橋です。




【橋の諸元】
橋名:水尻橋?
竣工:不明
形式:RC桁橋
所在地:江津市都野津町/江津市二宮町
川:水尻橋
道路:?(国道9号線の旧道)


【参考文献】
江津市1971(住宅地図) 昭和46年 善隣出版社

【撮影】 
平成26年4月

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2014/09/14(日) 20:44:53|
  2. 島根県の近代橋梁
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧市山興業銀行(江津市桜江町市山) | ホーム | 加藤医院(奥出雲町三成)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/243-a9c5d09f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)