元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧市山興業銀行(江津市桜江町市山)

DSCF9003.jpg
桜江町の市山に現存する、
明治44年築の旧市山興業銀行の建物です。

市山興業銀行は、明治44年に地域の有力者たちの出資で設立された銀行です。
明治時代、銀行制度の確立とともに、地域の産業振興のための小規模な銀行が
全国に数多く設立されたようですが、この市山興業銀行もその1つといえましょう。

島根県教育委員会の「島根県の近代化遺産」の解説やエネルギア経済レポート、
全国銀行協会の「銀行変遷史データベース」によりますと、
明治40年創業時は、銀行設立の条件である資本金50万円が集められず、
銀行ではない一企業「市山興業株式会社」として発足し、
定款に「農工商資金の貸付及び之に必要なる付随の事業」という文言をいれて
銀行業務をすることとしたようです。

しかしながらこれで銀行業務を行うのには無理があったようで、
明治45年に静岡県掛川の「会信貯蓄銀行」の権利を買い取り、
あらためて「市山興業銀行」を設立したそうです。

市山興業銀行は大正9年に庚申銀行と合併し、
その庚申銀行は大正12年に浜田商業銀行と合併、銀行名を石州銀行に改めます。
そして、昭和16年に矢上銀行ともに山陰合同銀行に買収されました。

山陰合同銀行となってからは市山出張所となり、
昭和21年に出張所が現在の桜江町川戸へ移転し、
銀行としての役目を終えたようです。

DSCF9005.jpg
現在、建物は食料品店となり、出入り口は別に設けられています。
元の玄関部分は封鎖されていますが、アーチ窓を残すなど原型をとどめています。

DSCF9009.jpg
銀行建築らしく、窓には鉄柵が設けられています。

DSCF9007.jpg
木造・モルタル塗りとのことです。

DSCF9006.jpg
建物北側1階部分は、店舗として転用された際に設けられたと思われる出入口や、
居住スペースなどがあって、かなり改造されているようです。

2階部分も開口部が広くとってありますが、
戸袋部分のデザインがオリジナルのようでもあります。
宿直用のスペースだったのかもしれません。

現在ではたいへんこじんまりとした集落ですが、
今よりももっと交通の不便だったであろう明治の時代のこの地で、
産業の振興を目的とした銀行を設立するだけの財力や気概が
あったということは語り継がれるべき事柄がらでありましょう。

そしてその当時の建物が現存しているということも、
県内の建築史を語る上でも、地域の歴史を語る上でも
大変貴重な遺産といえましょう。



【参考文献】
島根県の近代化遺産 平成14年 島根県教育委員会
島根県を中心とした産業発展の歴史 明治・大正編Ⅲ
    平成25年 エネルギア地域経済レポート 中国電力㈱エネルギア総合研究所
島根県を中心とした産業発展の歴史 昭和編Ⅰ 
    平成25年 エネルギア地域経済レポート 中国電力㈱エネルギア総合研究所

【撮影】 
平成25年9月

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/09/14(日) 23:59:19|
  2. 島根県の近代建築・江津市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<隠岐へ行って来ました | ホーム | 旧水尻橋(江津市都野津町/二宮町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/244-320f848c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)