元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧浦郷村産業組合(西ノ島町浦郷)

2
西ノ島町浦郷に残る、昭和13年築の元浦郷村産業組合の建物です。
現在は電気店となっています。

産業組合の前身は昭和4年に設立された浦郷村信用販売購買組合です。
昭和11年に産業組合に名称を変更し、
昭和18年浦郷村農業界へ改組、
戦後の昭和23年には浦郷農協となります。
この建物は昭和42年まで農協として使用されたようです。

昭和30年代の写真をみると、
看板のかかった平屋の店舗部分は前庭のような空間で、
建物の中央に玄関があることが確認できます。
平屋部分は電気店となってから増築されたのでしょう。

1
手前の平屋部分は上述の昭和30年代の写真にも確認できます。
この建物の隣、「浦郷会館」の看板が立つのは前回紹介した旧浦郷警察署です。

3

4
側面はおおよそオリジナルの姿のようです。
左側の増築部分と比べると、大柄な建物であることがわかります。


【撮影】 
平成26年9月

【参考文献】
隠岐西ノ島のアルバム「運河のある町」 昭和53年 西ノ島町 
復刻浦郷町史 平成4年(昭和27年刊行の復刻) 西ノ島町
隠岐西ノ島の今昔 平成7年 西ノ島町

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/10/04(土) 20:55:10|
  2. 島根県の近代建築・隠岐地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧米子銀行母里支店(安来市伯太町西母里) | ホーム | 旧浦郷警察署(西ノ島町浦郷)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/247-227a5d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)