元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

軽便祭に行ってきました

1_20141005145641309.jpg
「軽便鉄道模型祭」を見学してきました。

ブログ主自身のスケールとは違うものの、
そのレイアウトのシーナリー表現は、一度でいいからナマで見てみたいと思っていました。
毎年、模型雑誌を見て開催していたことに気がつくパターンでしたが、
今回はMokei de-mbembeさんにお誘いいただいて初参加を果たすことができました。

2_20141005145642a1d.jpg
DMCという団体のモジュール。

3_20141005145644d0e.jpg
露頭、草の表現がすごいです。

4_201410051456455c1.jpg
埋まった線路の表現が参考になります。

5_20141005145646c45.jpg

6_2014100515341116b.jpg
いわゆる「崖」の表現も、ただ単に岩石が露出している、というだけでなく、
気候などの条件で草のあいだに見え隠れする素敵な崖に仕上がっています。
こういう表現をまねしたいですね。。。

7_20141005153412f87.jpg
駿遠倶楽部のモジュールレイアウトです。
1/150と1/80で駿遠線を再現されていました。

8_20141005153413143.jpg

9_20141005153415b11.jpg
両スケールで大井川の鉄橋が再現されていました。

10_20141005153416cbf.jpg
こちらは木曽モジュール倶楽部。

11_20141005154351d38.jpg
いいですねェ。

12_201410051544001c6.jpg
鉄橋と道路の組み合わせ。

13_20141005154401cf5.jpg
石垣がいいです。

14_20141005154403646.jpg
こういう露頭の表現はどうやればよいのでしょうか。
(聞けばよかった)

15_20141005154404988.jpg
杉が1本残っているのがいいです。

16_201410051548298b2.jpg
軽便モジュール倶楽部のモジュール。

17_20141005154830d75.jpg
木造橋が萌えます。

18_20141005154831457.jpg
ワールド工芸の九十九里が走り回るミニレイアウトです。

19_20141005154832ef3.jpg
桜山軽便鉄道。

20.jpg
視線を下げて見ますとこのような素敵な情景が。

21_20141005155938c66.jpg
個人出展の方の「下津井電鉄」。

22_2014100515594067c.jpg
ものすごい密度の濃さです。

ざっとご紹介してまいりましたが、素晴らしいモジュールばかりで、
大変勉強になりました。

23_20141005155941762.jpg
ブログ主の自宅ではここ半年ほど放置されているモジュールがあるのですが、
今回の刺激を忘れないうちに制作を再開させたいところであります。



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/10/05(日) 16:04:33|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今浦の跨線橋(大田市温泉津町今浦) | ホーム | 旧米子銀行母里支店(安来市伯太町西母里)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/249-d33d4ca2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)