元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧下小竹尋常高等小学校(安来市伯太町下小竹)

CIMG9463.jpg
元の伯太町小竹に戦前築の木造校舎が残っています。
昭和7年に建てられた旧下小竹尋常高等小学校の校舎です。

CIMG9450.jpg
細い坂道が小学校へのアプローチです。

CIMG9451.jpg
坂を登りきると木造校舎が迎えてくれます。

CIMG9466.jpg
元々は建物の真ん中に玄関をもつ、左右対称の建物だったようですが、
現在は玄関の右部分で建物が切断され、右半分が作業場?のような形に改造されています。
屋根は今風の折板屋根になっていますが、構造自体は木造校舎時代のままのようです。

CIMG9468.jpg
建物の左半分はおおよそ原型を保っています。

CIMG9453.jpg
が、しかし、1階の一部に大きな開口部があります。

CIMG9462.jpg
中を覗くと、元は教室だったと思われる空間にトラクターが停めてありました。

CIMG9458.jpg
全体的にはだいぶガタが来ている印象。いつまで耐えられるか心配です。

CIMG9457.jpg
校舎の裏には体育館が残っていましたが、雑草がひどく近づけませんでした。

CIMG9473.jpg
山の上から小学校の全体を見わたすことができます。
よく見ると玄関右側の作業場?に改造された部分にも
木造校舎の壁面が残っていることがわかります。

竣工当時の写真を見ると、校舎の右端に入母屋屋根の和風建築が
付属して建てられているのが確認できます。
この画像では右手前、平屋の作業場のような小屋があるあたりになります。


旧小竹小学校は、その創立が明治初期に遡れる歴史の古い学校でありますが、
明治期の学校名などの変遷はあまりにも複雑なので省略します。

大正10年に赤屋村立下小竹尋常高等小学校となり、
昭和7年に現存する校舎が竣工しています。
昭和22年に赤屋村立小竹小学校となり、
以後小竹小学校は昭和46年に隣の十年畑小学校と統合して
伯太町立赤屋小学校となるまで存続しました。
本校舎は、小竹小学校廃校の翌年、昭和47年まで、
「赤屋小学校東校舎」として引き続き使用されています。

廃校・校舎移転後の建物の活用状況は不明ですが、
建物に「上小竹球根組合」の看板がありましたので、
現在でも地域の農作業の拠点として活用されている可能性はあります。

【撮影】 
平成26年9月

【参考文献】
目で見る松江・安来の100年 平成11年 郷土出版社
伯太町誌下巻 平成13年 伯太町誌編纂委員会



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/11/03(月) 23:09:10|
  2. 島根県の近代建築・安来市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧布部郵便局(安来市広瀬町布部) | ホーム | 後谷橋(邑南町宇都井)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/259-66b3e77a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)