元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

三日月橋(安来市広瀬町布部)

三日月1
旧布部郵便局のすぐ近くに、このような古いRC橋が架かっています。

三日月4
小ぶりの親柱にアーチの連続する欄干。

三日月3
大正十三年に架橋されたことが記されています。
今年(平成26年)でちょうど90歳!です。

三日月2
達筆で「みかづきはし」とあります。
布部の町の中でなぜ「みかづき」なのか、ピンと来る方は歴史好き(かもしれない)。
当地の英雄である戦国武将山中鹿之介に、
主君である尼子家の再興のために「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と
三日月に向かって祈ったという逸話があるそうなので、これによる命名なのでしょう。

三日月5
シンプルな桁橋です。

90年も布部の交通を支えてきた由緒ある橋です。
これからも元気でいて欲しいと思います。

※この記事は平成24年2月29日にUPした「旧布部郵便局」より、
 三日月橋の部分を分離し、「近代橋梁」のカテゴリの記事として再構成したものです。
 文章を大幅に加筆しています。



【橋の諸元】
橋名:三日月橋
竣工:大正13年
形式:RC桁橋
所在地:安来市広瀬町布部
川:西の谷川
道路:国道432号の旧道

【撮影】 
平成17年8月




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/11/07(金) 00:21:00|
  2. 島根県の近代橋梁
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<市木橋(浜田市旭町市木) | ホーム | 旧布部郵便局(安来市広瀬町布部)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/260-0fb758f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)