元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

西郷岬灯台(隠岐の島町岬町)

1
隠岐島後の玄関口である西郷港の先っちょ、西郷岬に建つ西郷岬灯台です。

2
西郷岬灯台は大正10年に竣工・初点灯した、隠岐地方で最初の近代的灯台です。

3
カマボコ形の屋根がとてもユニークです。

4

5

6

7
「初點大正十年三月三十一日」とあります。

8

9
灯台は岬の尾根の上に建っております。

10_201411222128479a6.jpg
海から見るとこのような感じで、崖っぷちに立地していることがわかります。
ちなみにこの崖は42~55万年前に噴出した、玄武岩溶岩とその火砕岩でできています。

11_20141122212849265.jpg
灯台から西郷港をのぞみます。

12_20141122212850619.jpg
西郷港に入港しつつある隠岐汽船のフェリー。
青い空、青い海に白い船体が映えます。

13_201411222128504cf.jpg
ブログ主は2年ほど島後に滞在していたのですが、
当時はこの灯台の存在を知りませんでした。

眺めもよく、灯台の建物も素敵で、
隠岐を訪問された際にはぜひ見学していただきたいスポットです。


【撮影】 
平成26年9月

【参考文献】
島根県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書  平成14年  島根県教育委員会
西郷地域の地質 平成21年 産業技術総合研究所地質調査総合センター

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2014/11/22(土) 22:24:03|
  2. 島根県の近代建築・隠岐地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<昭和記念公園へ模型を見に行ってきました | ホーム | 島根県内近代建築の話題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/263-9e48ae0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)