元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

朝熊山ケーブルカー

大正14年開業、昭和19年休止という幻の「朝熊山ケーブルカー」が、
通好みの車両キットを出し続ける「キッチン」から発売されると聞いて、
平成23年のJNMAはそのケーブルカーを手に入れるべくわくわくしておりました。

asama01.jpg

asama02.jpg

キッチンのキットといいますと上級者向けのイメージがありましたが、
こんばど素人が瞬間接着剤で組み立ててもそれなりにきれいに組み立てられました。
とにかくパーツの合いがとてもよいです。設計が丁寧なんでしょうね。

asama03.jpg

ケーブルカーの車輪は片側が両側フランジ付、
もう一方がフランジレスという特殊な構造で、
このキットでもそれを非可動にて再現するようになっておりますが、
私としては可動式にして路面モジュール内で動かすつもりでおりますことから、
鉄コレのプラ車輪とあれこれパーツを組み合わせて線路の上を転がるようにしました。

ひと通り組み立てて、斜めに敷いた線路においてみますと、確かにケーブルカー。
次は麓の駅の製作と巻揚げモーターの検討に入りたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/12/14(水) 23:38:42|
  2. ストラクチャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<朝熊山ケーブルカーその2 | ホーム | 旧宇野小学校ほか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/27-5cba0821
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)