元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

朝熊山ケーブルカーその2

前回キッチンの朝熊山(あさまやま)ケーブルカーを組み立てましたが、
今回はこのケーブルカーを山の上に引っ張り上げる
動力に取り掛かりたいと思います。

取り掛かるといってみたものの、
モーターと電池を組み合わせた電気工作など、
小学生以来でしてよくわかりません。

ケーブルカーですからある程度ゆっくりした動きでなければ
ケーブルカー「らしく」ないような気がします

では、モーターの回転を遅くするにはどうしたらよいんだろう?
ギヤ比という数値が大きいとモーターのスピードを
遅く伝えることができるようです。
そこで今回は田宮の「楽しい工作シリーズ」より、
「ミニモーター低速ギヤボックス」というやつを購入してみました。
よくわからぬままに「低速」と名が付いているから買ったようなものです。

asama04.jpg

asama05.jpg


ギア比とか言われてもどんな数値だと
ちょうど良いものなのかさっぱりわかりません。
このギヤボックスは、ギヤ比が71.4、149.9、314.9、661.2と
4段階にわたって選択ができます。
最初に一番数値の大きい661.2で調節してみましたが遅すぎました。
次にギア比314.9にしてみましたが、これでも遅い気がします。
ただモジュール上ではほんのわずかな距離しか動かせられませんので
「見せる」という観点からはこのくらいのスピードも可でしょうか。
組み立てなおすのが面倒になったのでギヤ比314.9で行くことにしました。

asama06.jpg

[広告] VPS


じわじわと登ってゆくのを見るとうれしくなってしまいます。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/12/17(土) 23:32:25|
  2. ストラクチャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高尾山にケーブルカーを見に行く | ホーム | 朝熊山ケーブルカー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/28-44f33a56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)