元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧波来浜稚蚕飼育所(江津市都治町)

1
昭和12年に建設された、旧都治村(つちむら)の「波来浜稚蚕飼育所」の建物です。

江津市文化財研究会が発行している「石見潟」によりますと、
昭和恐慌のあおりで疲弊した村の再建のために、
当時の都治村村長が自身の土地を提供し、
旧都治小学校の校舎を移築して設立された施設だそうです。

「稚蚕飼育所」は、蚕の幼虫をあるていどの大きさまで飼育し、
村々の養蚕農家に配布する役割を果たしていたそうです。

現在は江津市内の畳屋さんの施設となっているそうです。
※店名のわかる看板が架けられていましたが、画像では処理を施しています
※敷地外から撮影しています
※中学校の通学路になっているので、気をつけたほうがよいです


2
細長い建物なので、元学校といわれると納得です。

3

4
玄関部分。

5
上の画像の反対側から撮った画像です。
「石見潟」によると、同規模の建物がもう1棟並んで建っていたそうです。
(画像左側ということになります)

さて、前述の通り、都治小学校の旧校舎を移築したということなので、
旧校舎がいつ頃の建築なのか、都治地区の郷土資料「都治史伝・続」より、
都治小学校の経緯をかいつまんで記述します。

明治8年:都治小学校設置
明治26年:校舎落成
昭和4年:新校舎へ移転

以上のことより、明治26年に建てられた校舎が、
昭和4年に新校舎への移転によって使われなくなったことが推察されます。
稚蚕飼育所の建設は昭和12年ですから、
移築された「都治小学校の旧校舎」は、
明治26年に建てられた校舎ということがいえるのではないかと思います。

6
もし、明治26年築が正しいとなると、島根県内に現存する学校建築としては、
最古級の部類に入るのではないでしょうか。

【撮影】 
平成26年4月

【参考文献】
石見潟第25号 平成21年 江津市文化財研究会
都治史伝・続 平成22 都治公民館

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/02/14(土) 22:38:29|
  2. 島根県の近代建築・江津市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<江ノ島に行ってきました | ホーム | 畦無橋(松江市湯町)その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/286-ab19e922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)