元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

須郷橋(津和野町相撲ヶ原字須川谷/益田市長沢町)

1_20150620222219e3f.jpg
津和野町(旧日原町)と
益田市との境を流れる匹見川に架かる須郷橋*です。

*須郷=「すごう」と読みます。
現地欄干の橋名板は「須川橋」、現地バス停は「須郷」、
地図上の字名は「須川谷」、日原町史は「須郷橋」と、
どれが正しいのかわかりませんが拙ブログでは「須郷橋」とします。
 

2_201506202222219cc.jpg
3径間のうち、川岸側は普通のガードレールが欄干代わりになっている、
よくありそうな橋ですが、中央の径間は鉄橋になっております。

この鉄橋、実は大正時代に架けられた別の橋で使われていたものを転用したもののようです。
というのも、「日原町史近代・上巻」に下記のような記述があったのであります。

日原町史近代・上巻(第7編日原町)
『2級国道187号線日原旭橋は大正12年の施工で当時は県下で1、2の鉄トラスであったが、
交通量の激増にともない橋床の損傷がはなはだしく危険な状態になったので
・・・(中略)・・・(昭和)30年・31年継続事業として改架された。・・・(以下略)』


『県道日原益田線須郷橋は昭和23年の架橋で、
その後の重量加重により腐朽したので昭和30年度事業として改架された。
橋材には旧旭橋の鉄トラス・鉄桁を転用した。長さ60メートル幅4メートル・・・(以下略)』 


3_20150620222222f24.jpg
日原町史《近代・上巻》より転載

これが、トラス橋時代の旧日原旭橋です。
「ボーストリングトラス」という形式でしょうか。

35_20150620222355dbd.jpg
現在の旭橋です。橋のたもとの農協は昔のままです。

4_20150620222224ea4.jpg
須郷橋のトラス橋部分の状況です。
旧旭橋の画像と比べてみると、トラスの高さが違う様な気もします。

5_20150620222302482.jpg
トラスの名板には「昭和31年島根県改造」とあり、
日原町史に記載している年度と一致します。

以上の通りで、おそらくこの須郷橋のトラス部分は、
大正12年架橋の旧日原旭橋の一部を移築したものと思われます。
日原旭橋時代と、現在の須郷橋とを比べますと、
橋の幅などが異なりますが、部材が転用されているのは間違いないでしょう。

島根県内において、戦前架橋の道路鉄橋の現存例は
この須郷橋のみではないかと思われます。

9_2015062022230739e.jpg
橋の欄干(ガードレール)には、昭和43年竣工とあります。

「島根県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書」では昭和17年架橋となっており、
ブログ主も「昭和17年架橋」に興味を持ち、そのつもりで訪問したのですが、
現地に行ってみるとトラスには「昭和31年改造」とあるし、
欄干には「昭和43年竣工」とあるし、まったく年代が一致せず、混乱してしまいました。

・島根県教育員会リストの「昭和17年架橋」について
上掲の日原町史の別項に、「日原益田線須郷橋架設」という項があり、
『府県道日原益田線須郷橋は、匹見川橋梁架設期成同盟会によって、昭和17年11月架設せられた』とあり、
その橋は『橋脚4本コンクリートの木橋であった』とあります。
おそらく、この記述から昭和17年としたのではないでしょうか。

・橋名板の昭和43年竣工について
ガードレールの欄干が新しく感じ、昭和31年架橋当初のものとは思えないので、
昭和43年に大規模に修繕したのではないでしょうか。

以上からこの橋の履歴を整理してみますと、以下のようになります。

昭和17年 須郷橋架橋(橋脚4本・木橋)
昭和23年 架橋(2代目?)
昭和31年 昭和23年架橋の橋が腐朽したので日原旭橋のトラスを転用して架橋
昭和43年 大規模改修?  

6_20150620222303850.jpg
日原町史《近代・上巻》より転載
日原町史にあった須郷橋の全景です。
いつ頃の写真であるかは不明です。

7_2015062022230511c.jpg
現在の須郷橋の全景です。上記の写真と同じ方向から。
木が成長して全景が見渡せず残念。

8_201506202223060f1.jpg
上掲の画像は、すべて益田市側からでしたが、
この画像は日原町側から撮影しています。


以上、専門的な知識のない者が、
現物確認と文献調査だけで記述しておりますので、
怪しい点も多いかと思います。

須郷橋のトラス橋が旭橋から転用された際に、どの程度の改造がされたのか、
そもそも旭橋のトラスというのは、旭橋が最初なのか、実はよそからの転用なのではないか、
そんなところもちゃんと調査する必要があるのではないかと感じております。



よだん
10_20150620222350082.jpg
今ではすっかり杉の植林におおわれていますが、
昔の写真では、民家が確認できます。

12_20150620222353e14.jpg
上記①の民家が、杉林の中に残っていました。

11_201506202223512d7.jpg
上記②の須郷橋たもとの藁ぶきの民家は、
建物の一部がかろうじて残っていました。


【橋の諸元】
橋名:須郷橋
竣工:昭和31年(トラス部は大正12年)
形式:RC桁橋+ボーストリングトラス橋
所在地:津和野町相撲ヶ原字須川谷/益田市長沢町
川:匹見川
道路:県道312号須川谷日原線

【撮影】 
平成26年4月

【参考文献】
日原町史(近代・上巻) 昭和51年 日原町
島根県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書 平成14年 島根県教育委員会
100年橋梁 平成26年 土木学会鋼構造委員会



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/06/20(土) 22:44:14|
  2. 島根県の近代橋梁
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧久手信用購買販売利用組合会館(高砂会館)その2 | ホーム | 弘鶴橋(安来市母里)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/301-b6965753
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)