元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

箱根に行ってきました(その1)

色々と疲れがたまっていたので、気分転換に箱根に一泊してきました。

1_2015080822124596e.jpg
あまり乗る列車を決めずに適当な時間に小田急新宿で切符を買いましたところ、
次の発車のロマンスカーはコレでした。
昭和50年代生まれのブログ主にとって、ロマンスカーといえばコレなのです。

2_20150808221247e95.jpg
今回は箱根フリーパスを使って、
登山電車にじっくり乗ってやろうというのが目的です。

3_20150808221252866.jpg
窓口の係の方が気を利かせてくださったようで、
指定の席は展望室のすぐ後ろの席でした。
十分に前面展望が楽しめます。

4_2015080822125439b.jpg
箱根湯本に着きました。
登山電車のホームには旧型電車が停まっていました。
さっそく乗ります。

5_20150808221256d2d.jpg
大平台まできました。

CIMG0684.jpg
昼飯を食うために大平台からいったん湯本に戻ります。

6_20150808222948d70.jpg
お目当てのお蕎麦屋さんはまさかの休業。
気分を変えて土木遺産めぐりをすることにします。
まずは旭橋。

7_20150808222956a4a.jpg
旭橋は昭和8年架橋のRCタイドアーチ橋です。

8_20150808222957154.jpg
てくてく歩いて函嶺洞門までやってきました。
旭橋同様、国道一号の修築にともない昭和6年に建設されました。

近年対岸にバイパスができ、函嶺洞門は一線を退きまして、
このようにじっくり観察ができるようになりました。

9_20150808223005b93.jpg
洞門の内部。びゅんびゅん車が通っていた現役時代にはまず撮れなかった風景です。
やわらかいカーブを描く天井が戦前の土木の風情。

10_201508082230072ec.jpg
洞門の上は森になっています。根っこはどうなっておるのか?

11_20150808223500946.jpg
函嶺洞門からすぐのところ、
塔の沢温泉の入り口にもRCタイドアーチ橋が架かっています。
旭橋と同じく昭和8年に架橋された千歳橋です。

フリー切符があるのに炎天下の中、湯本から塔の沢まで歩いてしまいました。
体を休めに箱根にきたはずが、かえって酷使する結果に。
こういうことだから疲労が蓄積する一方なのです。

土木遺産巡りはここで終了とし、これから先はバスで桃源台へ行きました。
長くなったので続きます。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/08/08(土) 22:43:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧加茂郵便局(雲南市加茂町) | ホーム | 旧松江信用組合事務所(松江市朝日町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/307-92fe9f5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)