元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

情景フィギュア’64

ALWAYS 三丁目の夕日’64の公開にあわせて
情景フィギュア’64が発売されました。

al1.jpg

自分の世界観をモジュールの上で表現しようとすると、
既製のストラクチャーはなかなか使いづらいところがあり、
買っても結局活用できないよね。という最近の状況でしたので
今回の「三丁目の夕日~」は静観する予定だったのです。

が、職場近くのセブンイレブンに手付かずで残っているのを見て、
ついつい購入してしまいました。

三丁目の夕日情景フィギュアは、
前回、「続・三丁目の夕日」公開の際に発売されましたが、
前回に引き続き、重さで大体中身がわかる親切設計。
「鈴木オート」と「鈴木オート’64」とを引き当てました。

前回ゲットした「鈴木オート」と並べてみます。
左が今回の「鈴木オート」です。

al2.jpg

商品パッケージには
「前作のシリーズに使用した金型を新たに改良した商品です」
とありますから、色合いが若干異なるほかは概ね前回と同じ。
大きく異なるのは右手の作業場の部分が改良されたことと、
隣地との境界のブロック塀が追加されたことでしょうか。

al3.jpg

かわいいミゼットが付いているのも素敵です。

al4.jpg

どこから出入りするのだろうという
物干し場は変わらず。



前回(続・三丁目の夕日情景フィギュア)は
「鈴木オート」
「茶川商店」
「タバコ屋」
「都電」×2
「東京タワー」
「ダイハツミゼット」
という陣容で、
建物ストラクチャー狙いで買うとややハズレの確率が高かったのですが、

今回(情景フィギュア’64)では
「鈴木オート」
「鈴木オート’64」
「茶川商店(やまふじVer.)
「リハツカワイ」
「万亀堂」
「ダイハツミゼット」
「トヨタパブリカ」
「トヨペットクラウン」
という陣容で全8種中6種類が建物ストラクチャーとなって、
なかなかの割合で建物がゲットできそうです。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/01/21(土) 14:52:10|
  2. ストラクチャー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧制第二高等学校(仙台) | ホーム | ケーブルカーの駅を作る1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/31-90f805e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)