元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

箱根に行ってきました(その3)

前回の続きです。

ア
今回お世話になったのは、大平台温泉の「箱根上の湯」さんです。

テレビでも何度か紹介されている旅館なので、
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、
スイッチバックにより旅館の両側が線路に挟まれているという、
素晴らしい立地にあります。

ウ
図(しょぼい)で表すとこのような感じの立地です。

イ
部屋からの眺めは絶景です。

CIMG0951.jpg
このような感じで、部屋にいながらにして登山電車が楽しめるわけであります(これは翌朝)。

エ
スイッチバックに挟まれているので、部屋を出て反対側の廊下からも電車が楽しめます(これも翌朝)。


温泉に入りながら電車を眺め、岩盤浴で女子力を高め(男だけど)、
登山電車の音を聞きながらぐっすり眠りました。


オ
朝食は別室にていただきました。

カ
土鍋で炊いた五穀米においしいおかず。

キ
窓の外がこのような状況なので、電車が来るたびに食事中断です。

ク
素敵な宿ですっかりリフレッシュでき、2日目の活動開始です。
大平台駅で電車を待っていたらまず箱根湯本行きが来ました。

ケ
強羅行きもやってきました。おお、どちらも旧型車両です。
どちらに乗ろうか、103+107+108の方が窓が大きく開くので、
強羅行きに乗ることにしました

コ
窓を大きくあけて山の空気を感じながら電車に乗るのはとても気持ちがよいものです。
(身を乗り出して撮影はしていませんよ!)

サ
箱根湯本に着きました。折り返しまた乗ります。

シ
箱根湯本では、「この電車は古くて冷房が付いていないので暑い」、
「次の電車は冷房が付いている」、
「水分補給にご注意」などという案内を繰り返ししていました。

何もそこまで案内する事もないと思うのですが、
非冷房であることにクレームが入るのでしょうか。
なんだか電車が可哀そうです。

湯本は確かに暑いかもしれませんが、山を登るにつれ、風は涼しくなってきます。
山の涼しい風を窓を開けて体感できるのも、登山電車の魅力の一つと思うのですが。

箱根登山鉄道は近代産業遺産に指定されているのですから、
この旧型電車だって、長年登山鉄道を支えてきた「遺産」の一つであると思います。
あまり「古い・暑い」と言わないで、堂々と使い続けてもよいのではないかと思いました。

CIMG1084.jpg
木製の内装が残っていて素敵です。

ス
そんなわけで引き続き強羅までこの電車にお世話になりました。
途中、小涌谷で長時間停車があったので電車をバシバシ撮影します。

セ

ソ
小涌谷の木造駅舎も渋く、旧型電車との相性抜群です。
今や地方私鉄でも非冷房、シル・ヘッダー付きの電車が現役のところは
ほとんどないのではないかと思います。

そのような中で、東京から2時間弱のところで、
このような風景が現役であることは本当にありがたいことです。

タ
強羅に到着しました。
もう一往復くらいありかなとも思いましたが、とりあえずここでお別れ。

ツ

チ
くどいようですが、登山電車はこの色、この形にかぎるなぁと思う次第です。



長くなりすぎたのでその4に続きます。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/08/28(金) 22:16:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<箱根に行ってきました その4 | ホーム | 箱根に行ってきました(その2)>>

コメント

箱根を堪能

こんばんは。小菱重工です。
ご無沙汰しております。

夏の終わりの箱根をご堪能された様子が
よく伝わってくる紀行です。
私も先週、箱根に立ち寄りましたが、
大涌谷の影響か、閑散としていました。

それにしても箱根登山、いいですよね。
とくに旧型車。
箱根登山も江ノ電も古い車両を大事に使っていて、
頑張っているなぁと思います。
新型車は眺望も良くて快適ですが、
旧型車の方がマニアにとっては嬉しい。
箱根登山もいつかはモデルにしてみたい
鉄道の一つです。
  1. 2015/08/29(土) 23:36:56 |
  2. URL |
  3. 小菱重工 #-
  4. [ 編集 ]

登山電車、よかったです

小菱重工様

こんにちは、コメントありがとうございます。
大変ご無沙汰しております。

噴火によってメインルートが寸断されて
しまっているのも痛いのだと思いますが、
目に見えて観光客が少なくなっていました。
いろいろ大変だと思います。

アレグラ号も気になったのですが、
まだいつでも乗れるだろうと、
今回は旧型車両ばかり狙って乗っていました。
運用する側からすれば、
保守などご苦労が多いのではないかと思いますが、
やはり、窓を開けて車窓を眺めるのがたまりません。

箱根風のモジュールなども作ってみたいですね!
  1. 2015/08/30(日) 17:13:58 |
  2. URL |
  3. 元島根県民 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/310-373f47df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)