元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

ディズニーシーに行ってきました

11月某日、ディズニーシーへ行ってきました。

1_20151119235945c97.jpg
開園30分前からディズニーランドのエントランスで待ちました。
日にちと場所(ディズニーシー)指定のチケットなのに、
行くべき場所を間違えたわけです。ショック。

2_2015111923594795e.jpg
気を取り直してシーへ。もうクリスマス仕様です。

2-1.jpg
中に入ります。

3_201511192359503f8.jpg
1/1TOMYに乗車します。
アメリカンウォーターフロントとポートディスカバリーを結ぶ
「ディズニーシー・エレクトリックレイルウェイ」は、
遊園地の電車とは言いながら、第三軌条から集電する本格派です。

4_20151119235951498.jpg
お目当ての電車がやってきました。

6_20151120000036140.jpg
流れ作業で乗車・下車するシステムなので、
なかなか停車中にじっくり電車を撮影する事ができません。
うまく撮影するスポットがないか探したところ、
ポンテ・ベッキオからうまく撮れることがわかりました。

7_201511200000381cd.jpg
大雨の中写真を撮ります。

8_20151120000039100.jpg
動く電車を撮影するのは苦手です。
妻はどこかへ行ってしまいました。

雨で良い写真が撮れなかったので、
以下は平成23年の画像です。

9_201511200000401bc.jpg
アメリカンウォーターフロント駅を出ると急なSカーブとなります。
小さな2両編成の電車が走っていく姿は模型的です。

10_201511200000426d0.jpg
ポートディスカバリー駅。

11_20151120000116993.jpg
全線高架・複線です。

12_201511200001182fe.jpg
両駅とも駅部分は単線になります。

なかなかレトロで雰囲気がありますので、
何度乗っても楽しいものです。

以下はディズニーシー内のシーナリーについて。

14_20151120000119b6a.jpg
玄武岩の節理がリアルです。

15_20151120000120611.jpg
岩石の表現も「なんとなく岩石」ではなく、
玄武岩溶岩の上位に火砕流堆積物の互層・・・
といった感じで、
層序がしっかり理由付されて表現されているように思えます。
つまり、とてもリアルに感じるということです。

16_20151120000121776.jpg
地質の心得のある人が監修しているような気がします。

17_20151120000145e05.jpg
ディズニーリゾートは建物一つ一つにしっかりとした設定があり、
ウエザリングも効果的に施されています。

18_20151120000148860.jpg
1/1のストラクチャーなわけですが、大変リアルな雰囲気です。

19_201511200001521b1.jpg
敷地内はいくつかのまったく異なるコンセプトの世界にわかれているのですが、
木や建物や川などでその境界が巧みに曖昧にされており、
気が付いたら隣の世界に移動しているといった感じで不自然さがありません。

下手な鉄道模型のレイアウトよりはるかに優れた空間構成です。
遊びに来るたびに勉強になります(楽しみ方が違います)。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/11/20(金) 00:13:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧大社高等家政女学校その2(出雲市大社町) | ホーム | 旧斐伊村役場(雲南市木次町里方)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/326-86fbfff6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)