元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧大社高等家政女学校その2(出雲市大社町)

1_201511212134364f9.jpg
以前ご紹介した、大社町の旧大社高等家政女学校の補足です。

2_201511212134387db.jpg
松陽新報(昭和12年11月19日付)

松陽新報の記事に、校舎改築落成式を行うという記事があり、
建物の詳細がわかりました。

総工費:51,550円
請 負:嘉村和市(上津村)
起 工:昭和11年7月
竣 工:昭和12年3月31日
落成式:昭和12年11月19日

以上のことから、
旧大社高等家政学校本館の建築年が、
昭和12年と判明したことになります。

また、建築請負は上津村(現出雲市上島町・船津町)の
嘉村和市という人であることがわかります。
この嘉村和市という人は、同じ時期に、
吉田村の吉田小学校校舎・講堂も手掛けています。
技術に定評のある棟梁だったのでしょう。

記事に引き続き記事からの情報を整理しますと、
本館新築以外に下記の通り工事があったことがわかります。

新 築:本館、東昇降所、割烹室、宿直室、便所、寄宿舎、家庭寮
増 築:講堂
その他:旧校舎模様替え、奉安庫、養蚕舎等の移転

校内を大改造する、大がかりな工事だったことがわかります。

3_201511212134398b1.jpg
新聞掲載の本館を拡大してみました。
手前の校門門柱は現存していません。

4_201511212134418eb.jpg
校舎とともに建設された家庭寮・寄宿舎。

「家庭寮」というのは校長先生の説明によりますと、
『交互に生徒数名宛宿泊せしめ、
担任教諭指導の下に生活献立表を作成し、
日常生活総ての方面にわたって訓練を受け、
家庭婦人としての完全な仕上げを行ふのであります・・・』
と、あります。

5_2015112121344219e.jpg
当時と現在との比較です。

6_20151121213515710.jpg
昭和22年の航空写真をみると、正面の本館から裏側に校舎が続き、
付属建物などと併せてほぼロの字型の平面構成だったことがわかりました。
現在は裏側の校舎はなく、本館正面部分のみが残されています。


【建物のプロフィール】
竣工当時の建物名:大社高等家政女学校本館
現在の建物名:大社コミュニティセンター
竣工:昭和12年3月31日(起工:S11.7 落成式S12.11.19)
構造:木造2階建て
設計者:?
施工者:和村嘉市
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/11/21(土) 21:45:14|
  2. 島根県の近代建築・出雲市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鉄コレ(秋田中央交通)を買ってきました | ホーム | ディズニーシーに行ってきました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/327-fb8cc30d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)