元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

船越公会堂(西ノ島町船越)

1_20151205204130ba3.jpg
西ノ島の大体真ん中、船越の港に佇む
船越公会堂の建物です。

2_20151205204131435.jpg
2階建て下見板張り半切妻屋根がいかにもな、
好ましい役場風建築です。

1階手前の張り出し部分だけなぜか黒瓦。
おそらく増築部分なのではないかと思われます。

3_201512052041336b8.jpg
2階窓の窓部分。
建具はサッシ化されておりますが窓枠の造作が繊細。

4_2015120520413478a.jpg
建物の裏側です。

5_201512052041356dc.jpg
西ノ島町の町誌「隠岐西ノ島の今昔」に
町内の集会施設の一覧があり、
「船越公会堂 昭和10年」とありましたので、
この建物が昭和10年築ということがわかりました。

もともと、公会堂として建てられていたのか、
或いは、たとえば船越地区の産業組合的な建物として
建てられたものなのか、そのあたりは不明であります。


【建物のプロフィール】
竣工当時の建物名:?
現在の建物名:船越公会堂
竣工:昭和10年
構造:木造2階建て
設計者:?
施工者:?

【撮影】 
平成26年9月

【参考文献】
隠岐西ノ島の今昔  平成7年 西ノ島町編

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2015/12/05(土) 20:47:49|
  2. 島根県の近代建築・隠岐地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新町橋(安来市広瀬町) | ホーム | 鉄コレ(秋田中央交通)を買ってきました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/329-274b0aa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)