元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧四ヶ村共同農業倉庫(出雲市斐川町直江)

1_2016031423154333c.jpg
直江駅前のJA伊波野支所の敷地に建つ農業倉庫です。
駅前や農協の敷地に何気なく佇む農協倉庫、
その出自などあまり注目していなかったのですが、
戦前の新聞に倉庫建築の記事が出ていたのでご紹介します。

2S101125.jpg
松陽新報 昭和10年11月25日付

「共同農業倉庫晴れの竣工式」
簸川郡出西、伊波野、直江、久木四ヶ村共同農業倉庫は
昨秋来直江駅付近に工事中のところその工全く終り
けふ二十四日午前九時より竣工祭を、
正午より竣工式を挙行するが
総工費は一万六千五百四余円で建物の坪数百六十二坪、
一万俵を収容し得る堂々たる大建築物で
米所簸川郡出雲部の中央に位置し
今後地方産業界の開発飛躍に重大なる使命を果たさんとするものである。


3_201603142315456d7.jpg

4_20160314231546eff.jpg
平屋の前室部分が失われている点と、
屋根の切妻部分の形状が若干異なりますが、
おそらく新聞にある昭和10年に建設された農業倉庫でありましょう。

新聞記事によれば、戦後旧斐川町の一部となった出西村、伊波野村、
直江村、久木村の各産業組合の共同倉庫として建設されたとあります。
記事には記されていませんが、名刺広告より、
設計・監督が松江の「松江建築事務所」、
工事請負が直江村の藤江善吉氏ということがわかります。

5_2016031423154710e.jpg
現在のJA伊波野支所と旧共同倉庫。
何となくみかけている駅前やJAの倉庫ですが、
戦前の産業組合時代に建てられたものも少なくないようです。

「島根県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書」には、
産業組合倉庫の記載がある町村と
現存していても記載がない町村とがあります。
島根県内には実際にどのくらい産業組合時代の倉庫が現存しているのか、
時代や地域による建築様式の違いがあるのかなど、調べてみたいと思っています。

(余談)
6_20160314232114645.jpg
JAの近くには伊波野村の道路元標が現存しています。

【建物のプロフィール】
竣工当時の建物名:四ヶ村共同倉庫
現在の建物名:JA伊波野支所
竣工:昭和10年11月
構造:土蔵造?
設計者:松江建築事務所
施工者:藤江善吉(請負・直江村)

【撮影】
平成27年9月

【参考文献】
松陽新報記事
「島根県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書」 平成14年 島根県教育委員会

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/03/14(月) 23:22:28|
  2. 島根県の近代建築・出雲市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧斐伊村信用組合農業倉庫(雲南市木次町里方) | ホーム | 旧荘原信用組合事務所(出雲市斐川町荘原)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/345-14805432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)