元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧斐伊村信用組合農業倉庫(雲南市木次町里方)

1_20160319184805efa.jpg
旧斐伊村の産業組合倉庫が木次町里方に現存しています。

島根県の近代化遺産リストによりますと、
昭和14年築とのことです。

この建物のすぐ近くに以前ご紹介した
斐伊村役場の建物が残っておりますので、
ここが斐伊村の中心地だったことがしのばれます。

2_20160319184806647.jpg
建物前面のトタン張りとなっているところには、
元々は事務作業や軽作業をするための平屋の前室が付属していたはずです。

戦前の産業組合(信用組合)やその付属施設である農業倉庫に関しては、
安城市の埋蔵文化財センターHPに非常に詳しく記載があり参考になります。

上述HPによると
『明治45年(1912)5月の米穀検査の施工を契機に、
産業組合による米穀の保管・共同販売業務と検査を行うために
設置され始めたのが農業倉庫です。』
と、あります。

産業組合(信用組合)は戦前にほとんどの市町村で設立され、
戦後それはJAの母体となっていきます。

現在でも、地方の町のJAの裏や、駅の隅のほうなどに
古い倉庫が建っているのを見かけることができますが、
これは、戦前の産業組合が建てた農業倉庫の名残というわけです。
※駅にある倉庫は通運会社が建てたものの場合もあります。

3_20160319184807f4c.jpg
ブログ主も近代化遺産リストでその存在を理解したものであります。
予備知識がないと「古い倉庫がある」。くらいにしか感じませんね。

【建物のプロフィール】
竣工当時の建物名:斐伊村信用組合農業倉庫
現在の建物名:民間倉庫
竣工:昭和14年
構造:?
設計者:?
施工者:?


【撮影】
平成27年9月

【参考文献】
島根県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書 平成14年 島根県教育委員会
安城市埋蔵文化財センターHP

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/03/19(土) 18:51:41|
  2. 島根県の近代建築・出雲地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伊那市へローメンを食べに行ってきました | ホーム | 旧四ヶ村共同農業倉庫(出雲市斐川町直江)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/346-b02270e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)