元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

千代富橋(安来市宇賀荘町)

1
安来の中心地から南へ、伯太川に架かる千代富橋です。

3
現在の地図と昭和9年の地図とを比較してみましょう。
県道257号線は千代富橋の上流に架かる宇賀荘大橋を通っており、
千代富橋あっては宇賀荘町側はともかく、西側は田んぼの中の細道を通るため、
あまり存在意義がないように思えます。

戦前の地図をみますと、当然宇賀荘大橋はなく、
千代富橋がかつての宇賀庄村と大塚村、能義村、飯梨村方面とを
繋ぐ重要な橋だったことが分かります。

4
千代富橋できわめて特徴的なのが、「親柱がない」ということです。
橋名板は分厚いコンクリート製欄干の断面に直接くっついています。

5
西側の橋名板です。
風化して読み取りにくくなっていますが、「昭和十二?年三月竣工」と読めます。

6
こちらは宇賀荘町側の橋名板。「ちよとみはし」とあります。

7
西側からの眺めです。幅は1.5車線程度です。

8
西側の橋詰です。親柱が設置できるようなスペースはありますが、
果たしてもともと親柱があったのか、なかったのか不明です。

9
橋の全景。中間橋脚は6本。なかなか長い橋です。

10
橋桁と一体化した欄干です。
橋の断面は凹形となっていて、これが7つ連なっていることになります。
が、これは桁橋といっていいのでしょうか。

11
欄干には3つ凹みが掘ってあり、単調さを和らげています。

2
橋の上から。とにかく分厚い欄干が異様な感じです。

12
定規がなかったので自宅のカギで厚さを測ってみました。

13
欄干の厚みはおおよそ42㎝でした。
右側は千代富橋上流に架かる天野前橋のコンクリート製欄干の厚さを
比較のために測ってみたものです。おおよそ16㎝でしたので、
千代富橋の欄干の厚さがよくわかると思います。

欄干はコンクリートの塊ですが、
こんなに分厚いと重量も相当なものになると思うのです。
橋の耐久性上問題はないのでしょうか・・・。
どうしてこんなデザインにしたのか・・・。

14
欄干の重量のせいかどうかはわかりませんが
宇賀荘町側から2本目の橋脚は若干沈下しています。

親柱無し、分厚いコンクリート製の欄干、そして欄干と一体化した桁、
同時期の橋に比べると異例なスタイルです。
どうしてこのような様式になったのか、大変興味を覚えます。


【橋の諸元】
橋名:千代富橋
竣工:昭和12年?3月
形式:RC桁橋?
所在地:安来市宇賀荘町
川:伯太川
道路:?

【撮影】 
平成26年9月



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/05/01(日) 23:33:54|
  2. 島根県の近代橋梁
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<畦無橋(松江市湯町)その2 | ホーム | 松江放送局のラジオ塔その3(松江市灘町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/352-34e347ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)