元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

隠岐そばを自宅で作ってみました

CIMG7696.jpg
隠岐の味覚、といえば新鮮な魚介類をまずイメージしますが、
麺類もなかなか外すことができないカテゴリです。

CIMG7695.jpg
島後の食堂では、どういうわけか「チャンポン」が必ずメニューにあって、
かなり日常的にチャンポンが食されているようです。

そして、そのチャンポンをどこで食べようかということになれば、
西郷の港のすぐそばにある「味太郎」一択となるわけであります。

CIMG7693.jpg
「味太郎」のチャンポンです。
島に来るとどうしてもこの味を楽しみたくなるわけです。

CIMG7706.jpg
もう一つ、隠岐で忘れてはならない麺料理が、「隠岐そば」です。
これは隠岐で伝統的に食されていたと思われる郷土の味で、
つなぎをつかわないぼそぼそのそばに、あごやサバで出汁をとったおつゆをかけ、
海苔などをトッピングして食す、非常に磯臭いそばであります。

そういったそばなので、東京人などには食べなれないそばであり、
敬遠する向きも多いのですが、ブログ主はコレが大好物なのであります。

写真はフェリーターミナルに併設された「がいな」で食べることのできる、隠岐そばです。
島後ではこのほか、五箇の「そば工房おみ」さんなどでも味わうことができます。
が、ブログ主は東京在住のため、簡単に隠岐そばを味わうことができません。
どうしても我慢できず、この週末に自分で隠岐そばを作ってみることにしました。

DSC_2006.jpg
さすがにそばまで手作りするわけにはいきませんので、そばは乾麺で代用です。
それでも、二八そばなど、いわゆる関東のそばでは、
隠岐そばの食感を再現できないのではないかと考え、スーパーで吟味した結果、
伊那の沢製麺産さんで出している十割そばをチョイスすることにしました。

出汁はサバの切り身を軽く焼いたもの。これに、みりん・酒・醤油を適当に入れ、
サバ出汁の風味が損なわれない程度に市販の麺つゆで味を調節いたしました。
家人にも受け入れられるよう、生姜で魚臭さを緩和してみました。

DSC_2005.jpg
そうしてできましたのこちらです。
見た目がよくありませんが、なかなか隠岐そば的な味が再現できました。
丼の手前に浮いているのはだしを取ったサバです。
海苔を投入することで磯臭さが増し、より隠岐そばに近づいたように思われます。

※お膳が汚れているように見えますが、これは過去に熱い器を置いたことによる、変色によるものです。
  決して拭いていない。ということではありません。

というわけで、休日に隠岐そば的なものを作ってみました。
これは簡単にできるものですので、ぜひ皆さんも隠岐の味を再現してみてください。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/06/13(月) 00:26:14|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初代中山隧道(旧西郷町/旧五箇村) | ホーム | 島根県内に現存する戦前築の教育施設>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/358-14b07d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)