元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

出雲大社彰古館(出雲市大社町)その2

DSCF1040.jpg
以前、出雲大社境内の「彰古館」をご紹介したのは平成24年のことで、
ブログ創成期ということもあり、読み返してみますと情報が今一つといった感じなので
改めてご紹介したいと思います。

トリミングT3
大正3年3月9日付松陽新報より

この建物は大正3年に、出雲大社の「宝物館」として建設されたものです。
大正3年3月の松陽新報に「新築の大社宝物館」というキャプション付きで、
建物の写真が掲載されていました。
写真のみの掲載で、詳細記事は見つけることが出来ませんでしたが、
大正3年の3月ごろに完成したということが推察されます。

日本近代建築総覧のデータより、設計が「西村義抽」、
施工者が「小国岩吉」とありました。
両者ともにネットでは検索でヒットしませんでしたが、
西村義抽氏については、昭和11年、
乃木村小学校(現松江市立乃木小学校)落成の記事に、
設計者としてその名前を発見しました。

S11.jpg
昭和11年12月11日付松陽新報より

「万感実に交々 村長野村萬太郎氏談」
(前略)
斯くの如くにして設計を斯界の権威者本村の耆老西村氏に委嘱し
西村氏更に斯道の経験者佐々木氏を加え一意専心五月計成り鴻池組工を受け
(以下略)


新聞記事には以上のとおりあり記事の下段には、
下記のような名刺広告の掲載がありました。

名刺広告
昭和11年12月11日付松陽新報より

彰古館と乃木小学校の設計者が同一であるという明確な根拠はありませんが、
「義抽」という珍しい名前はそういそうもありませんので、
同一人物と考えてよいのではないかと思います。

また、乃木小学校の記事では「斯界の権威者」、「耆老西村氏」と称していることから、
実績の大なる人物で、昭和11年の時点で60~70歳であることが分かります。
昭和11年は彰古館建設から数えて22年後の出来事になりますから、
西村氏が40代で彰古館を手掛け、22年後に乃木小学校を手掛けた。
ということであれば、辻褄も合いそうです。

DSCF1031.jpg
彰古館は平成27年に登録有形文化財となり、
館内の収蔵物だけでなく、建物そのものも文化財としての価値が認められたことになります。

前回の記事では、建物の行く末について下記のように記していました。
「最近の出雲大社公式HPにこの建物の存在がないのが気にかかります。」
これは境内の整備工事の影響で一時休館となっていただけのようであり、
現在は引き続き彰古館として活用されています。




【建物のプロフィール】
竣工当時の建物名:宝物館
現在の建物名:出雲大社彰古館
竣工:大正3年
構造:木造二階建て
設計者:西村義抽
施工者:小国岩吉

【参考文献・HP】
日本近代建築総覧 昭和58年 日本建築学会
松陽新報 大正3年3月9日付 昭和11年12月11日付
文化財オンライン
http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/266042

【撮影】
平成25年9月


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/09/01(木) 00:22:53|
  2. 島根県の近代建築・出雲市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<有福温泉の共同浴場について(その1) | ホーム | 伊毘志橋(雲南市三刀屋町多久和)(その2)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/368-0a5ded6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)