元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

線路端のコンクリート小屋

CIMG9490.jpg

京浜東北線の北行電車に乗っていると、

大森の手前でちらっと通り過ぎる古そうな小屋。

気になっていたので連休中に見に行ってきました。


CIMG9537.jpg 

大森駅から歩いて物件を探します。
難航するかと思いましたが、線路沿いに歩いていたら踏切から簡単に見つけることが出来ました。


CIMG9547.jpg 

ついに近くから観察することが出来ました。フェンス越しに撮影した小屋の姿。

大森側から蒲田方面を眺めた画像です。

よくみるとうっすらと「工」という文字の跡が残っています。

「工」マークということは国鉄以前、鉄道省時代のものでしょうか?


CIMG9549.jpg 

線路の反対側へ移動して観察します。


CIMG9552.jpg 

側面には窓はありません。

カマボコ屋根が特徴的で全体的にマッシブなスタイル。


CIMG9556.jpg 

蒲田方の面には頑丈そうな鉄扉がついていました。

建物は少し傾いています。


デザイン的にはかなり古い時代のものと推察されます。

線路端なので、保線用の道具などを入れていた倉庫だったのでしょうか?

 

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2016/09/19(月) 22:39:05|
  2. 島根県以外の近代建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国道54号線沿線に残る戦前の橋 【その9・松尾橋】 | ホーム | 国道54号線沿線に残る戦前の橋 【その8・金原橋】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/374-ba2017e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)