元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

安来節紀念碑(安来市安来町)

1_201702052326430b8.jpg
安来市の安来公園に立つ「安来節紀念碑」は、
安来節の隆興を記念した記念碑で、昭和7年5月に竣工、
同月15日に除幕式を行っています。
近代建築の一つとしてよいのではないかと思われます

2_2017020523264485d.jpg
正面には「安来節紀念碑」の文字が金属板で設置されています。

3_201702052326452b4.jpg

鉾のようにも見える塔頂部の装飾。

4_20170205232647187.jpg
側面の碑の由来文、賛同者の氏名などのプレートが残されています。
あまり解像度の高い画像がなく、詳細が確認できません。
(失敗!取り直しに行かなくては。)

5_2017020523264994d.jpg
(昭和7年5月14日付松陽新報)

当時の新聞記事です。

6_201702052327011d6.jpg
新聞記事と現在の紀念碑との比較です。
塔頂部の装飾、「安来節紀念碑」の銘板など、
オリジナルと同じままの姿に見えます。

金属製と思われますが戦時中に供出しなかったのでしょうか、
あるいは戦後の復元なのでしょうか。

7_20170205232703cc1.jpg
(昭和6年8月6日付松陽新報)

竣工の1年前の松陽新報に、このような記事を見つけました。

「盆過から愈よ起工」
「社日遊園安来節の歌碑」
安来節保存会では予て社日遊園地に記念碑の建築を行うべく
曩に桜花の咲き競った四月、これが地鎮祭を挙行したがその後同会では
町出身の東京在住僊石政太郎氏委嘱してこれが装飾一切を設計せしめ
遅くも盆の直後から建設工事に着手する事となっているので、
遅くも今秋頃までには工事の完成を見ることとなろう


「僊石政太郎氏に委嘱してこれが装飾一切を設計せしめ」
という一文に注目です。
僊石政太郎は、戦前に劇場・映画館建築の設計を中心に活躍した建築家で、
日本橋浜町の「明治座(S3年)」などの設計で知られています。
詳細は下記にしますが、僊石政太郎は安来の出身で、
安来にて大工の棟梁となった後、東京に出て、
苦学ののち建築家として大成した人です。

「装飾一切を設計せしめ」とあり、紀年碑全体の設計ではなく、
装飾だけの設計のようにも読めますが、いずれにしても、
紀念碑の設計に僊石政太郎が関わっていたことは確かのようです。

僊石政太郎は多くの劇場建築を設計していましたが、
現存例は(ブログ主は)確認できておらず、
出身地である安来に設計に関わった紀念碑が現存しているのは、
大変貴重な存在と言えるのではないでしょうか。


【僊石政太郎について】
僊石政太郎の生涯については、安来市誌下巻にその詳細が記されています。
簡単に抜粋してみました。

明治12年 安来西灘に生まれる
大工棟梁河井栄八(河井寛次郎の父)に師事し18歳で棟梁になる
明治36年 25歳で単身東京に出る
新橋木工場で働きながら工手学校に通う
工手学校卒業後警視庁に奉職
大正9年 警視庁を退職、僊石建築事務所を開設
昭和19年11月 空襲にて事務所破壊
昭和19年12月 安来へ疎開
昭和20年8月  67歳で死去

「映画館建築のエキスパート」(帝都復興せり!)として活躍した建築家ですが、
警視庁では劇場の建築、設備に関する方面の監督にあたっていたそうですから、
ここから、劇場・映画館建築の設計を手掛けるようになったものと思われます。

仕事をしながら、工手学校の外、国民英語学校中等科、中央工学校高等科を卒業し、
日本建築学会の正会員資格試験に合格して建築士の称号と技師の資格を得ています。

大工の棟梁で満足せず苦学して建築家となり、
帝大出の建築家たちと肩を並べるまでになったその人生、
信念の人、気骨の人だったのでありましょう。


僊石政太郎の設計した作品を、さまざまの文献などから集めてみました。
ほとんど東京の、主だったものだけですが、
各地の松竹系の劇場を手掛けたそうですので、
まだまだ人知れず現存する建物もあるやもしれません。

大正13年 立正大学校舎
大正15年 立正大学図書館
昭和2年 富士館(浅草)
昭和3年 明治座(日本橋浜町)
昭和4年 新宿第一劇場(新宿)・帝国館(浅草)
昭和5年 東京劇場(設計顧問)
昭和6年 帝都座(新宿)・日本倶楽部(大阪)
昭和7年 安来節紀念碑(安来)



【撮影】
平成15年12月

【参考文献】
近代建築ガイドブック(関東編) 昭和57年 東京建築探偵団 
帝都復興せり!「建築の東京」を歩く 昭和63年 松葉一清
島根歴史人物事典 平成9年 山陰中央新報社
安来市誌下巻 平成11年 安来市総務部市誌編纂室
立正大古書資料館通信Vol.2 平成27年 立正大学情報メディアセンター

【参考サイト】
建築学会図書館「建築学会パンフレット」
ぼくの近代建築コレクション
Clocks&Clouds
近代建築散歩~絵葉書に見る或る日の都市景~



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/02/05(日) 23:34:40|
  2. 島根県の近代建築・安来市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧郷田郵便取扱所(江津市江津町) | ホーム | 旧制松江高等学校外国人官舎(島根大学旧奥谷宿舎)その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/388-4481ccd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)