元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

出雲横田駅(奥出雲町横田)

1_20170416230954711.jpg
出雲横田駅は木次線の要衝、駅舎は開業当初以来の木造駅舎です。

91120木次線1
昭和8年11月20日付山陰新聞

木次線の出雲三成~八川間は、昭和9年11月開業しました。
開業に伴い設置された駅は亀嵩、出雲横田、八川の三駅で、
いずれの駅舎も現在まで開業当初の姿を残しています。

91120木次線拡大1
新聞記事に掲載された開業区間の駅写真、上より、出雲横田駅、亀嵩駅、八川駅です。
すでに八川駅はご紹介していますが
亀嵩駅も玄関の位置が左右逆なだけで、八川駅とほぼ同じスタイルです。
これに対して出雲横田駅は社殿風で一段と立派な駅舎です。

2_201704162309559a6.jpg
注連縄が印象的な玄関、神話のふるさと奥出雲らしいたたずまいです。

3_20170416230957afd.jpg
「島根の近代化遺産」によれば、
建設にあたり、「神話の里、奥出雲にふさわしい駅舎を建設してほしい」という
地元の要望をくんで設計され、宮大工を呼び寄せて建てられたとのことです。

4_20170416230958b1e.jpg

5_20170416231000788.jpg
外壁木部は校倉造り風のしつらえになっています。

6_20170416231002449.jpg
ホーム側からの眺め。
駅舎隣のトイレも、駅舎のデザインに合わせてあります。

7_2017041623100390a.jpg
列車の本数の少ない木次線ですが、
駅舎の撮影中にトロッコ列車「奥出雲おろち号」が入線してきました。

8_20170416231005eb7.jpg
出雲横田駅周辺には、神話にまつわるスポットも数多く点在しています。
ぜひとも途中下車して駅を愛でつつ神話の里めぐりをしたいものです。

【撮影】
平成29年4月

【参考文献】
「島根の近代化遺産」  平成14年 島根県教育委員会

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/04/16(日) 23:16:53|
  2. 島根県の近代建築・出雲地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国道54号線沿線に残る戦前の橋【その13・井羅原橋】 | ホーム | 石見横田駅(益田市神田町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/396-3df9b968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)