元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

国道54号線沿線に残る戦前の橋【その13・井羅原橋】

1
「国道54号沿線に残る戦前の橋」シリーズ、その13は井羅原橋です。

現在、井羅原橋の下流側に新井羅原橋が架かっておりますので、
古い橋が架かっているのをご覧になった方も多いのではないかと思います。

井羅原橋は中間橋脚を3つもつ、4径間のRC桁橋で、
橋の長さは、国道54号線沿線の戦前架橋の橋の中では、
おそらく、三刀屋橋に次ぐ長さと思われます。

地図昭和7
(昭和7年陸地測量部地図より)

前回の坂本橋と井羅原橋の位置を、古地図に示します。

府県道松江広島線は井羅原橋で三刀屋川を渡り、
渡りきったところで90度左に曲がって、
大きく西に蛇行する三刀屋川を山裾沿いにカーブしながら
鍋山村・三刀屋方面へ向かっていました。

地図現在
(国土地理院ウオッチ図より)

現在は新井羅原橋で三刀屋川を渡り、そのまま栗原トンネルにて
直線で鍋山地区へ到達します。

2
坂本橋方面から、鍋山・三刀屋方面を眺めた画像です。
渡りきると山にぶつかり、旧道は左に折れていきます。
橋を渡ってすぐにほぼ直角のカーブですから、
現役当時は相当の難所だったのではないでしょうか。

3
坂本橋側の親柱は、架橋当初のものと思われる親柱が残されています。
橋名板がはめ込まれた後は残っていますが、
橋名などの表記は残っていません。

4
高さは1メートル弱くらい、他の54号線の親柱と同等のサイズです。

3・5
袖柱も残されていました。
元々は鉄パイプなどの欄干でつながっていたものと思われます。

5
鍋山地区側からの橋の姿です。
こちら側の親柱は2基とも後年の設置と思われる、シンプルなコンクリートの角柱です。

7
鍋山側は、道路が直角に曲がるという線形の悪さから、
親柱に車が接触することが多く、破損してしまったのではないかと推察されます。

8
橋の中央より。橋の部分は草が生えてしまっています。

9
背の低い欄干。元々は鉄製の柵が嵌められていたものと思われます。

10
金属供出の際に無理やり柵をはがしてしまったのか、
かなりボロボロの状態です。


〈架橋のころの新聞記事〉
戦前の松陽新報より、井羅原橋に関する記事をいくつか見つけたのでご紹介します。

6830.jpg
昭和6年8月30日 松陽新報

「面目一新する県下の橋梁」
「災害復旧事業進捗す」

本明年度にわたる県の災害復旧土木工事は、
総工費百万円中本年度の支出額70万円をもって
本年一月以来これが工事に全力をあげ交通上支障のあるものはもとより
道路堤防など小工事はすでに殆ど竣工し
橋梁の改架修繕も56千円以上のもの二橋を残すほか全部契約済みで
(中略)
本年度に竣工する予定のものは行恒、里熊、神納、市尻、川戸、木次、井羅原、周布、水尻、浜田大橋などで
(後略)


ということで、昭和5年くらいに発生した水害に対する、
災害復旧の一環として井羅原橋が改架されたことがわかりました。
「国道54号線沿線に残る戦前の橋」シリーズ冒頭で、
『架橋年が昭和8年から9年にかけての間に集中しているのは、
結論から言えば、これらの橋の大部分が「省営自動車雲芸線」の
開業(昭和9年8月15日)に関連した道路改良工事の一環として
架橋されたものだからであります。』

と、述べていましたが、
井羅原橋に関してはその前提が崩れてしまいました。

余談ですが、記事中、「本年度に竣工する予定の」橋に、「水尻」が挙げられており、
これは、以前ご紹介した、都野津の水尻橋の可能性があります。

上記記事より3か月後には下記のような記事が松陽新報に出ています。
松陽昭和6年12月1日2
昭和6年12月1日 松陽新報

「雲南の三橋改架」
「三島木次土木管区所長の談」
目下改架工事中の里熊、井羅原、木次の三橋工事は最近漸く進行し
近く最新式モダン橋が竣成するがこれが工事について監督の任にある
三島木次土木管区所長は工事の概況につき左の如く語る

橋梁改設の真髄は強度と美観にある、
如何に節約時代とても基礎工だけは万全の策を講せざれば
砂上の楼閣で交通上危険千万である故に三橋改架の基礎工事は最も堅牢にして
経済有利に計画施工が必要なるも土地の地表に顕れる部分は容易に其の性質を
弁別し得るも地面下には如何なる地層の存在するかを知るのは
最も我々土木屋の苦しむところである。

井羅原橋
三刀屋川の上流に架設するので基礎地質は砂利層で粘土を含み且つ玉石交じりの
硬盤であるので架橋地点としては理想的である。
橋脚は楕円形の重力式玉石混凝土三基なるが水深三尺余の箇所を
地盤より七尺掘下げ基礎混凝土作業成るを以て
数回出水の為め囲堤を流失させられたると大いなる転石砂利層中に
包含せられ掘鑿の困難なことはお話にならないくらい至難であるが
幸に請負人の献身的努力により予定通り進捗中である
(後略)


県の責任者が、井羅原橋の改架に関して
地質・土木の観点から述べています。

松陽昭和6年12月1日3
建設中の井羅原橋の写真付きです。これは貴重ですね。

図1
川に沿って道路が走っていることから、
上記写真は、古地図黄色矢印方向から撮影したものと思われます。
写真の中には、川の中の建設中の橋脚、鍋山側の橋台、
そして仮設橋なのか、木造の橋らしきものが確認できます。

そして、さらに3か月後には、完成した井羅原橋の記事が
写真付きで松陽新報にでていました。
松陽昭和7年3月17日t
昭和7年3月17日付松陽新報

「雲南の新橋井羅原橋無事工を終る」
府県道松江広島線飯石郡鍋山村地内井羅原橋の改架工事は
昨年9月起工、木次土木管区監督の下に
請負者清水組によって工事中のところ(昭和7年3月)15日無事竣工した。
因みに同橋は長さ47米幅5米87糎にして総工費8,740円88銭を要し
鉄筋コンクリートの最新式堅牢優美なるものである。


井羅原橋は昭和7年3月15日に竣工したことが分かりました。
「島根県の近代化遺産」では、井羅原橋の完成年を昭和9年としていますが、
当時の新聞記事により、正しくは昭和7年だったことが明らかになったわけです。

11
現在、栗原トンネル側から井羅原橋への旧道は通行止めとなっており、
井羅原橋が「通行するための橋」としての意義は無くなってしまっています。
老朽化も進んでいるため、「予算さえつけば」、
早晩に撤去されてしまうのではないかとも思われます。

【橋の諸元】
橋名:井羅原橋
竣工:昭和7年3月
型式:RC桁橋
所在地:雲南市三刀屋町乙加宮
川:三刀屋川
道路:?



関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/04/24(月) 01:06:30|
  2. 国道54号線の古い橋
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧簸川銀行本店その2(出雲市今市町) | ホーム | 出雲横田駅(奥出雲町横田)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/397-8e311ace
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)