元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧簸川銀行本店その3(出雲市今市町)

新築本店
その2に引き続き、出雲市の「旧簸川銀行本店」について、
資料をもとに考察を加えたいと思います。

<落成式を伝える山陰新聞>

現在残る建物が建築された当時の新聞記事に、建物に関する記載がないか、
下記のような記事をみつけました。
t9217s.jpg
山陰新聞大正9年2月17日

「簸川銀行落成式」
簸川郡今市町簸川銀行は昨年末竣工と共に移転せるが
来る二十一日午後一時より簸川郡会議事堂に於いて落成式を挙行する由



いかがなものでしょうか、注目すべきは、
「昨年末竣工と共に移転せるが」という箇所です。
さまざまな資料で、旧簸川銀行本店の竣工年を大正9年としていますが、
この新聞記事からすると、実際に建物が完成して使われ始めたのは、
大正8年の12月ごろということになります。

近代建築や近代化遺産といった分野を研究する上で、
竣工をもって竣工年(完成年)とするのか、
正式な竣工式の開催をもって竣工年とするのか、
そのあたりのルールや定義のようなものがあるのかどうかは知らないのですが、
単純に建物が完成して使われ始めた。という点で竣工年を考えると、
旧簸川銀行本店の竣工は、従来大正9年とされてきましたが、
実際のところは大正8年という事になるのではないかと思います。

前年(大正8年)暮れに完成したとのことだったので、
大正8年12月の山陰新聞も調べてみたのですが、
それらしい記事を見つけるに至っていません。

ご参考まで?、落成式の記事もご紹介します。
図1s
山陰新聞大正9年2月23日

「簸川銀行落成式」「昨日盛大に挙行」
簸川郡今市町簸川銀行新築落成式を22日午後1時より簸川郡役所に於て挙行せり
当日銀行は門前に幔幕を張り国旗を交差して装飾を施し
午後一時数発の煙火を合図に関係者は式場郡会議事所に集合せり
(以下略)


落成式は300余名も集めて華々しく挙行されたと記事にあります。

tizus.jpg
落成式の行われた「簸川郡役所」ですが、
落成記念絵葉書にその位置が記されていました。
地図の位置からして、現在の県道277号線沿いにあったと思われますが、
今は跡形もありません。

(まとめ)
これまで旧簸川銀行本店の建築年は、大正9年とされてきたが、
当時の新聞では大正8年の暮れには完成していたことがわかった。


関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/04/30(日) 23:35:04|
  2. 島根県の近代建築・出雲市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<御便殿その2(浜田市) | ホーム | 六郷水門近くの近代建築(大田区南六郷)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/400-8f82438a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)