元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

御便殿その2(浜田市)

1_20170508224513778.jpg
以前ご紹介した浜田市の「御便殿」について、
浜田市のHP資料と、山陰行啓を記録した資料、
「行啓記念春日の光」(明治40年)から、情報を整理したいと思います。


【建設の経緯、設計者など】
2_20170508224514996.jpg


御便殿は明治39年10月に起工し、翌40年5月に竣工しました。
浜田市の資料(「浜田市役所HP『浜田城』歴史の散歩道その11」)
や、「行啓記念春日の光」によれば、
御便殿は、旧浜田藩主である、松平子爵が浜田営造株式会社に建築を依頼したとあります。
「浜田営造株式会社」という会社が、どのような会社だったのか、
仔細は不明ですが、「営造」という名をつけているので、
建築・土木に類する事業を行なっていた会社であることが推察されます。

浜田市の別の資料(「平成28年度第4回浜田城周辺整備検討会委員意見要旨」)
には、次のような記載がありました。

三隅の宮大工によって建てられた。
これについては、以前、期成同盟会での活動の際に、
三隅の方から資料をご寄附いただいている。
建築会社としては、俵三九郎氏が運営していた
浜田営造株式会社に依頼したと記録されている。


御便殿は、三隅の宮大工が手がけたとあり、前述の資料には
同浜田営造から大工に宛てた感謝状の画像があり、
「門手喜七」という名が確認できます。

浜田営造株式会社は「俵三九郎」という人物が経営していたとのことで、
この「俵三九郎」でネット検索をしますと、
元浜田市長、浜田市名誉市民の俵三九郎氏がヒットしますが、
明治29年生まれで、御便殿建設時は10歳であり、時代が合いません。
浜田営造の三九郎氏は元浜田市長の三九郎氏ではないようです。

浜田出身で島根選出の戦前の衆議院議員に、俵孫一という方がいますが、
この方の係累を確認しますと、父が俵三九郎、元浜田市長俵三九郎の甥とあり、
浜田営造を経営していた俵三九郎は、元浜田市長の父親であることが推察されます。

以上のことから、御便殿の建設に当たっては、
浜田営造株式会社が松平子爵家より委嘱を受け、
実務には三隅の宮大工である門手喜七があたった。
ということがいえるのではないかと推察されます。


【建物の使用の変遷】

御便殿は、明治40年5月に完成し、
同年6月に東宮殿下のご宿泊所として、使用されました。
その後どのような用途に供されたのかを改めて整理してみました。

4_201705082245166df.jpg
以上のように、
戦後は長きにわたり宗教法人(立正佼成会)の施設として利用されてきました。
その後、施設の新築に伴い、御便殿の建物は浜田市に寄付され、
本来の位置より北西へ曳家の上、保存され現在に至ります。

下記に、航空写真より、建物の位置、周辺環境の変化について確認してみたいと思います。

5_20170508224518e63.jpg
周辺環境の変化としては、昭和30~40年代の、国道9号線の新道が開通したこと、
御便殿後方に位置していた江戸期以来の庭園が潰されたことが上げられます。
昔の航空写真と現在とを比較してみますと、
御便殿の原位置と、曳家による移転との位置が明確になり、
現在御便殿がある位置は、元の庭園の跡地であることがわかります。

3_201705082245156d6.jpg
以上、建物の建築に関わった人々や、
建物周辺環境の変遷などについてまとめてみました。
建物の活用方法については、まだ議論がなされているようですが、
山陰行啓のご宿泊に使用されたという歴史的な意義が
しっかり記録される様な活用方法を期待しています。


【参考文献】
行啓記念春日の光 明治40年 上田仲之助編
浜田市HPより「『浜田城』歴史の散歩道その11」
浜田市HPより「平成28年度第4回浜田城周辺整備検討会委員意見要旨」
浜田市御便殿リーフレット

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/05/08(月) 22:52:34|
  2. 島根県の近代建築・浜田市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧赤江村役場その2(安来市赤江町) | ホーム | 旧簸川銀行本店その3(出雲市今市町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/401-b77c7daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)