元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

吉田橋(安来市飯島町)

1
松江方面から国道9号線の旧道を安来に向けて走りますと、安来の市街に入る直前でこの橋を渡ることになります。
コンクリートの欄干を持つ、歴史を感じさせる橋です(画像は安来側から撮影しています)。

S9参謀本部
(参謀本部昭和9年「米子」より)

戦前の地図で見るとこの位置です。
西にはこれも戦前架橋で現役の飯梨橋、飯梨橋を渡ると以前ご紹介した赤江村役場のマークも確認できます。

国土地理院
(国土地理院WEBより)

現在の国道9号線(桃色の道)は元国道の北側を走っていることが分かりますね。

2
親柱は安来市街側上流の1基のみ残っています。
橋名などが記されておらず、いろいろ不明な橋でしたが、たまたま見つけた安来市の資料から
昭和12年に架橋された「吉田橋」であることが分かりました。

3
装飾と言えるのかどうかという程度の素朴なデザインです。

4
彫りが浅くて読み取りにくいのですが、昭和二十四年三月竣工と彫られているような気がします。
安来市の資料には昭和12年架橋とあったのですが・・・。あれ?

5
親柱と欄干。

6
橋の全景。中間橋脚2本の桁橋ですが、よく見ると手前(安来側)の一径間は形が異なります。

7
現地ではあまり意識していませんでしたが、ブログ記事作成にあたって改めて画像を確認してみますと、
手前の橋脚の形状、桁橋のスタイルがだいぶ異なることに気が付きました。これはいったいどうしたことでしょうか?

A
現在の航空写真(グーグルアース)と昭和22年の航空写真(国土地理院)とを比べてみます。
縮尺が合わなかったので正確な比較ではありませんが、
安来側の橋の付け根部分で川岸の形状が変化し、川幅が広がっているように見えます。

B
国土地理院の航空写真、昭和37年(左)と昭和22年(右)とを比較してみます。
37年には川幅が広がっています。川下の堰も作り替えられている様子です。

C
昭和37年の航空写真では橋脚らしきものが確認できます(黄色矢印)。

D
昭和22年以降に吉田橋周辺の川幅を広げたために吉田橋も延長せざるを得ず、
安来側の橋台(橋の付け根部分)を中間橋脚にして橋を延長したのではないでしょうか。

結果として安来側の延長部分は橋桁の形状がオリジナルのものとは異なるものになったのではないか、
という推察が出来る様な気がします。

親柱にある「昭和二十四年三月竣工」は、橋の延長を行った年を示しているのかもしれません。

【橋の諸元】
橋名:吉田橋
竣工:昭和12年?(昭和24年改修?)
形式:RC桁橋
所在地:安来市
川:吉田川
道路:市道安来港飯島線

【撮影】 
平成26年9月
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/06/11(日) 00:03:36|
  2. 島根県の近代橋梁
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<国士館大学大講堂(世田谷区世田谷) | ホーム | 大森の羅漢町橋(大田市大森町)その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/404-45788e5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)