元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

国士館大学大講堂(世田谷区世田谷)

1_2017061222442887a.jpg
国士館大学の構内、近代的な校舎が立ち並ぶ中で異彩を放つ、大正8年築の「大講堂」の建物です。

2_20170612224430ea8.jpg
寺院風・純和風なこの建物は大正6年に青山の地に創立した国士舘が
大正8年に、世田谷の当地に移転した際に講堂として建設された建物です。

完成当初はまさに講堂として、この建物内で講義が行われたそうで、
頭山満や中野正剛といった錚々たる人物がこの講堂で講演に立ったそうです。

昭和20年5月の空襲(山の手空襲か)で隣接校舎は罹災したものの、
学生・教員の尽力により大講堂は焼失を免れ現代に至ります。

A
(国土地理院WEBより引用)

昭和19年の国士館周辺の航空写真です。
不明瞭なるも赤丸の部分に講堂らしき建物が確認できます。

B
(国土地理院WEBより引用)

昭和22年の航空写真では周囲の校舎が焼けてなくなっているのに対して、
大講堂の建物がしっかり残っているのが確認できました。

3_20170612224431bd1.jpg
鬼瓦には国士舘の校章があしらってありました。

4_201706122244324da.jpg
張り紙がべたべた貼ってあるのは塀ではなく、塀風の掲示板です。

6_201706122244358e3.jpg
建物の裏側。出っ張っている部分は奉安庫の跡でしょうか?

7_2017061222443559a.jpg
こうしてみるとお寺の本堂のようにも見えます。

8_20170612224438bcb.jpg
安田講堂や大隈講堂のような華やかさはありませんが、
国士館大学の象徴として大切にされているたてものでした。

【参考資料】
現地の案内板を参考にさせていただきました。

【撮影】
平成29年6月
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/06/12(月) 22:54:01|
  2. 島根県以外の近代建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧久木小学校校門(出雲市斐川町福富) | ホーム | 吉田橋(安来市飯島町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/405-d4fb3254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)