元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧久木小学校校門(出雲市斐川町福富)

1_2017061821530483b.jpg
斐川町の「原鹿の豪農屋敷(旧江角邸)」の向かいに、古い門柱が2基保存されています。

2_20170618215307958.jpg
デザインからして戦前のものと思われます。

6_2017061821531081c.jpg
向かって右側の門柱。

7_20170618215312188.jpg
ボロボロですが「郡」とか「久木」といった文字が読み取れます。
「簸川郡久木村立小学校」と記されていたのでしょうか。
上記のことや位置からして、昭和45年までこの地にあった久木小学校の校門と思われます。
久木小学校は昭和45年までこの地にあった小学校で、
現在は直江小学校と合併して出雲市立中部小学校となっています。

S37
(国土地理院WEBより引用)
昭和37年の航空写真です。赤い囲いの位置に久木小学校があります。

図2
(グーグルマップより引用)
現在の航空写真です。久木小学校の跡は市営住宅地になっています。

4_20170618215307017.jpg
向かって左側の門柱。

5_20170618215309463.jpg
「島根縣簸川郡久木村立青年學校」と記されています。
青年学校は昭和10年から昭和23年までの間に設置された学校で、
小学校卒業後の農村の男女を対象とした教育機関でした。
小学校に併置されたケースが多かったようです。

戦後の学制改革によって消滅した教育機関ですが、
そのような学校の名前が校門に残されているのはかなり貴重なのではないでしょうか。


【参考文献・HP】
Wikipedia「青年学校」の項
出雲市立中部小学校HP

【撮影】
平成27年9月

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/06/18(日) 22:29:51|
  2. 島根県の近代化遺産(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 国士館大学大講堂(世田谷区世田谷)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/406-0921b10b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)