元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧安来銀行その2(安来市安来町港町)

1_201707172238168d1.jpg
以前ご紹介した、初代*安来銀行の建物について、
新しい資料が見つかりましたのでご紹介します。

*安来銀行の設立は明治29年なので、当該建物の建設以前に、安来銀行として使用されていた建物があるわけですが、
面倒なので本稿では便宜的に「初代」とします。よって、大正4年築の煉瓦の銀行は「二代目」と呼称します。


2安来町全景其1
「安来町全景(其一)」とキャプションのついている古絵葉書です。
この左に其二が続くようになっていて、十神山側から安来港を臨む安来の町を写し出しています。

ヤフオクでなんとなく落札した絵葉書セットでしたが、よく見るととんでもないものが写っていることに気が付きました。
(初代安来銀行なんですが)

3安来町全景其1
絵葉書の矢印の部分です。

4安来銀行拡大
矢印部分を拡大してみました。
明治34年築の初代安来銀行が写っていました。

5安来銀行拡大
さらに拡大してみます。
2階部分の3つの窓、窓横の帯状のなまこ壁、初代安来銀行に間違いありません。

6_20170717223823607.jpg
現在の姿をみると建物左端が削られているような姿ですが、
絵葉書でも左右非対称で左側は壁の面積が少ないように見えます。
当初から左右非対称の姿だったことが絵葉書から確認できました。

7拡大2
余談ですが絵葉書の安来銀行から左へ二軒離れた赤丸で囲った商家ですが・・・。

8_20170717223826bb4.jpg
現存していることが分かりました。
2階の低い土蔵作り、2階の左に寄った窓など、絵葉書当時のままです。

9安来町全景その2印あり
上述の絵葉書の続き物です。
「安来町全景(其二)」とあり、其一の東側の町並みを写しています。

10二代目拡大
上記の赤丸部分を拡大してみました。
大正4年築の煉瓦建築で有名な二代目安来銀行が写っています。

この建物が写っているということは、この絵葉書の写された年代は大正4年以降ということになり、
初代の安来銀行はすでに銀行ではなくなっていた時期ということになります。

なお、絵葉書年代測定法で発行年代を推定してみますと、
当該絵葉書の裏面は通信欄が1/2なので大正7年以降、
「きかは便郵」の表示があるので明治33年~昭和8年の間ということになります。
すなはち、当該絵葉書が発行されたのは大正7年以降、昭和8年までの間ということになります。

初代安来銀行の戦前の画像などはこれまで見つけられなかったので、
今回、不鮮明ながらも古絵葉書から当時の姿を確認することが出来たのは、
大変にうれしい出来事でありました。


【参考文献】
島根県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書  平成14年  島根県教育委員会
島根県を中心とした産業発展の歴史 明治・大正編Ⅲ
    平成25年 エネルギア地域経済レポート 中国電力㈱エネルギア総合研究所

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/07/17(月) 22:44:55|
  2. 島根県の近代建築・安来市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 旧吉田信用購買販売利用組合事務所(雲南市吉田町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/411-4402a281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)